井伊直政と彦根藩


初代彦根藩主として譜代大名の位にあった井伊直政ですが、生まれは現代の静岡県浜松市付近です。
幼少のころから苦難を乗り越えて、徳川家康の四天王として活躍するまでになりました。
若い時から武芸に優れてあり、当時としては外交的手腕も買われていたようです。
その後彦根藩主として井伊家復活を許されています。
彦根藩は琵琶湖のほとりにある彦根城を根城とした藩でした。
江戸時代初期から訪れ、江戸幕府の崩壊まで続いた重要な藩となっています。
その礎を築いたのが井伊直政と言えるのです。
やはり、井伊直政の死後も多くの逸材を輩出しています。
歴史書に残る井伊直政の人もの像から、皆から信頼を集めていたことがわかります。
どういう時代にあっても、その時の状況をしっかりと見極め、自分が行うことを的確に判断する才能があれば、いずれは大ものになれるということでしょうか。
彦根藩を統治した井伊直政ですが、その後の彦根市の発展に結構寄与しています。
歴史の中から各種ことを学ぶことができますが、年表に出て現れるような大ものばかりを確かめるのではなく、その陰で大ものを支えてきた人ものたちを解ることで、真新しい視点で歴史を見分けることができます。
現代にも通用する考え方が聞き取れるのです。
このことはあなたにも聞こえるでしょう。
学校では日本史が嫌いだった人も今度彦根城を訪れることがあれば、博もの館で井伊直政の人もの像に触れてみましょう。
何か得るところがあるはずです。

井伊直政と関ケ原


井伊直政の活躍の一つである関ケ原の戦いについて紹介ください。
勿論、関ケ原の戦いは天下分け目の戦いと言われているほど、重要でした。
この結果によって徳川家康が力を塗りつけることとなったからです。
この関ヶ原の戦いで、井伊直政はどういう役割だったのでしょうか。
本当は事前の話し合いとは違って、先駆けを取っています。
つまり、家康軍つまり東軍の先頭に立って、西軍に攻撃をたくらみているのです。
ただ、先駆けは武将にとっては名誉ある行為であり、本来福島正則が務めると決まっていた先駆けを井伊直政に取られたのですから、福島正則としては激怒したことでしょう。
ただし、関ケ原の戦いが終わって、井伊直政の先駆けはまるで話題になっていません。
つまり、最初から徳川家康は話をしていたのではないかと考えられるのです。
関ケ原の戦いは勝敗の結果だけが重要視されてあり、井伊直政の先駆けは小さなエピソード程度の話として搾り取りられる程度です。
徳川家の四天王として活躍していたにもかかわらず、井伊直政は歴史書の表舞台では活躍していないのです。
井伊直政自身が槍の名手であり、率いる赤備えの軍隊は敵にとっては甚だ脅威だったと考えられます。
そのため、先駆けによって手柄を突き立てることができたのです。
また、そんなに徳川家康の信頼を得ていたのでしょう。
大きな視点で見れば、江戸時代を作ったのは井伊直政であるとも言えるでしょう。
徳川家康が家臣のそれぞれの特徴を見極めて、適材適所を主眼に各地を治めさせたのです。

井伊直政と歴史


日本の歴史を分かるために独自の人ものに視点を当てて、その生涯をたどってみると行き渡りやすことが少なくありません。
豊臣秀吉がなくなり、関ケ原の戦いで徳川家康が天下を取った時期の歴史にはたくさんの武将たちが登場します。
そのみずからある井伊直政について紹介ください。
やはり、井伊直政の生涯も歴史の中の一コマに過ぎません。
学校で学ぶ教科書にはその名前は出てこないかもしれませんが、徳川家康の四天王として重要な役割を果たしていることだけは間違いありません。
琵琶湖のほとりにある彦根城を続ける彦根初代藩主として徳川家を守ってきました。
豊臣秀吉から家臣になることを提案されていますが、徳川家康に仕えることを明言した話は各種ところに掲載されています。
ただ、当時の書ものはそんなに多くないため、どこまでが本当の歴史かわかりません。
現代のインターネット上での情報は元をたどれば数件の文献になってしまう。
このような人ものの行動を紐解く場合、そのまま歴史の一コマと考えるのではなく、現代にも生きる実態があることを知らなければなりません。
それが歴史を分かることの意味でしょう。
井伊直政がいなければ徳川家康が天下を売ることもなかったと言えるかもしれません。
それだけ重要な人ものたちを家臣にすることができた人ものが徳川家康なのです。
人が生きている現代に武将がいるわけではありませんが、それを想像することで今の悩みが解消されるかもしれません。