井伊直虎とお城


井伊直虎のゆかりの地としてのお城を紹介ください。
もちろん、井伊直虎とは井伊家の女性当主として井伊家の存亡を救った女性と言われています。
井伊家伝記に記述がありますが、その実像は不明な点が多く、歴史学的には十分な検証がなされているとは言えません。
直接井伊直虎とお城が関係しているわけではありません。
当時の浜松市近郊が井伊家ゆかりの地ですから、そこにある史跡の多くは井伊家に関係しているのです。
三岳城は井伊直虎の父である井伊直盛が籠城したお城です。
井伊直盛は今川家を裏切って攻め込まれています。
この辺りの歴史は各種書ものに記述があります。
三岳城は山城です。
観光として訪れてもいいのですが、単なる山登りとしておかなければなりません。
車は入れませんし、足元をしっかりとしておかなければなりません。
日本中に各種お城があり、それぞれに歴史があります。
その歴史を分かることによって、現代に伝わるものを感じられるはずです。
歴史の波に流されて言う皆たちがいたはずです。
その人たちの代表として井伊直虎がドラマになっているとして下さい。
そのドラマから歴史を捉えましょう。
浜松市に行くのであれば、たくさんのゆかりの地を周るといいでしょう。
それは自分のことを振り返って見る時間となるでしょう。
忙しい人間には何も考えずに暮す時間が必要なのです。
井伊直虎のことも忘れていいでしょう。
三岳城に登ってください。

井伊直虎と神社


日本の歴史の中にはたくさんのお城やお寺、神社が出てきます。
作られては破壊されて、また再建された歴史のある史跡も少なくありません。
安土桃山時代から江戸時代にかけて井伊家の滅亡を救った女性の話があります。
それが井伊直虎こと次郎法師です。
ひと度出家していましたが、井伊家に戻り当主となっています。
その井伊直虎のゆかりの地である神社を紹介ください。
浜松市近郊にはいくつもの神社があります。
すべてが井伊直虎ゆかりの地とは言えませんが、当時からあったと考えられます。
井伊直虎がお参りした可能性もあるのです。
渭伊神社は井伊家の領地である井の国の中心となる神社です。
古来よりありました。
龍潭寺の境内から現在の場所に移されたと言われています。
井伊家の発祥の神社であり、氏神さまとなっています。
歴史的にも重要な遺跡があります。
無論、井伊直虎のゆかりの地として紹介されていますが、どこまで関わっていたのかはわかりません。
当時の方々の多くが参拝をしたことでしょう。
それから井伊氏の荘司である三宅氏の始祖を祀っているのが二宮神社です。
後醍醐天皇の皇子、宗良親王も祀られています。
この他にもたくさんの神社がありますから、インターネットで調べた上で浜松市を訪れるといいでしょう。
井伊直虎のゆかりの地を調べてみて下さい。
ドラマがなくてもゆかりの地は変わりませんが、多くの人が観光に回るかどうかは地元の方々にとって大きな関心事でしょう。

井伊直虎を比べる


井伊直虎に関する情報を調べてみましょう。
無論、NHKの大河ドラマの主人公です。
浜松市には井伊家ゆかりの地がたくさんありますから、その多くは井伊直虎も関係しているとしていいでしょう。
井伊直虎の記録がすべてのゆかりの地に残っているわけではありませんが、当時の歴史を分かる貴重な史跡としていで生。
どちらかと言えば井伊直虎に関する情報はほとんどありません。
ただ、井伊家伝記の中に女当主として井伊家を守ったことが記載されています。
歴史学者の多くがその真実味に疑問を投げかけているのですが、真実かどうかを取り調べることよりも、こうした伝記が書かれた理由や背景を考えるべきでしょう。
井伊家は時流に翻弄されて、一時期は消滅寸前になっています。
他家から陥れられて当主が自害させられていることは事実と考えられています。
当時の人々がいかなる暮らしをしていて、激動の歴史を生きてきたのかを分かる重要な資料として井伊家伝記があるのです。
井伊直虎個人のことも重要でしょうが、井伊家とそれを取りまく歴史に目を向けて下さい。
これまでの歴史観が変わるかもしれません。
最近のNHK大河ドラマでは女性が主人公となる脚本が増えてきました。
当然、それは現代における女性の社会進出も関係していますが、いつの時代も女性が生きていたことは紛れも無い事実です。
そこにはその人の人生があったのです。
歴史の中に埋もれてしまっている人の生涯を想像することで自分の人生を見直すきっかけになるかもしれません。

井伊直虎の情報


今度のドラマは誰が主人公なのか注目が集まるNHKの大河ドラマですが、おんな城主の井伊直虎です。
井伊直虎役に柴咲コウが選ばれていますから、その雰囲気はほぼ見当が付くかもしれません。
時流にもまれながらきつく生きて行こうとする女性でしょう。
当然、城主としてそこに住む方々を守ろうとすることでしょう。
ドラマに関する情報は放送が始まる前からたくさん掲載されています。
井伊家ゆかりの地も紹介されていますから、チャンスがあれば訪れてみたいものです。
ただ、井伊直虎自身が歴史の表舞台に登場するわけではありませんから、大半は想像に過ぎません。
でも当時の女性たちの生き方をわかることはできるでしょう。
時代は違っていても現代に生きるものがあるはずです。
興味を持ち歩いている人はドラマを見てみましょう。
井伊直虎ゆかりの地としてはっきりしているのは墓が祀られている龍潭寺でしょうか。
ゆかりの地で検索してみるとトップに浮き出ることでしょう。
静岡県浜松市が中心となりますから、現地では観光客を当て込んでいるでしょう。
毎年、日本のどっかがドラマの舞台として注目を寄せることになりますが、それは間違いなく地域振興の一つとなっているのです。
柴咲コウの演技に期待したいものです。
一方で女性が主役になることに不満を持ち歩いている方々もいます。
視聴率を心配しているのでしょう。
時代とともにテレビで放映陥るドラマも変わっていきます。
女性の社会進出が関係しているのです。