東京スカイツリーの基礎知識

いよいよ有名になってしまっていますが、東京スカイツリーのことを紹介ください。
東京スカイツリーは世界一おっきい電波塔を目指して建設されているものです。
建設は2009年に訪れ、2011年の完成です。
東京の墨田区押上が建設場所です。
足の良さで予定地が決められたそうです。
東京スカイツリーが出来ることで、周辺一帯が観光地として再開発されているのです。
多くの観光客が期待されていたのです。
製作はNHKと民放5社が提案して、開発が始まりました。
建設は東武鉄道が出資する東武タワースカイツリー株式会社が行います。
同社は完成後の運営を通していきます。
総事業費は650億円と言われています。
不況の中にあって、その不況を改善するプロジェクトとしての期待もあったのです。
完成後の高さは634mとなります。
最初は610mの計画でしたが、予め世界一を目指し示すために計画の見直しが行われています。
東京タワーは333mですから、その2倍以上になるのです。
これにより、電波障害の低減が図られることになります。
タワーのデザインは日本の伝統をイメージしてあり、高性能を通して作られています。
足元は三角形で、上に行くによって円形へと変わっていくのです。
遠くから見極めるままその方角によって見え方が異なっているのです。
ライティングもすばらしいです。
2種類のパターンが1日置きに見られます。
東京スカイツリーが完成すれば、多くの観光客が来ると考えられます。
それを見込んで、建設中から多くのモールや店舗が増えてきているのです。
また、関連グッズの販売は完成前から行われているのでした。

東京スカイツリーと他の建物

東京スカイツリーが建設されている最中に、世界最大のビルディングが完成しました。
それはドバイにできた高層ビルです。
高さは828メートルで、総工費1400億円と言われています。
最初の計画では500メートル前後と言われていたのですが、やっぱり、再び高さを競ったのでしょう。
世界一の座がほしくなったということもあるでしょう。
東京スカイツリーも当初は610メートルの計画でした。
但し、世界一の電波塔を目さすために計画を変更しています。
そうして、634メートルに計画変更されたのです。
2009年にはドバイショックと呼ばれる金融不況がありましたが、ドバイのビルディングの建設によって経済を活気づかせようとしているのです。
それが功を奏するかどうかは完成後のドバイにかかっているのです。
東京スカイツリーも電波塔としての役割と周辺地域の商業の活性化が期待されています。
建設がすすむ中、たくさんの人が観光に訪れています。
世界最大の塔が出来る様子を見てみたい人が多いのです。
誰でも世界最大というものに気持ちが動きますよね。
ただし、超高層ビルですから、その平安は十分に検証されていなければなりません。
万が一崩壊するようなことがあれば、大惨事になって仕舞うことは間違いないのです。
その点、日本の技術力は世界に誇れるものだから、安心していいでしょう。
東京スカイツリーがこけるようなことはないでしょう。
但し、ドバイのビルディングははからずも恐ろしいかもしれませんね。
建設途中で高さを変更しているようです。
高いだけがいいわけではないはずなのですがね。

東京タワーと東京スカイツリー

東京タワーと東京スカイツリーを比較してみましょう。
東京スカイツリーができることが決まっても東京タワーは観光名所であることには違いがありません。
今もたくさんの観光客が訪れているのです。
2009年には1億6千万人目の来場者があったそうです。
東京タワーの役割は電波塔です。
これは東京スカイツリーも変わりません。
東京タワーができた当時は高層ビルもほとんどありませんでしたから、333メートルの高さで十分だったのです。
但し、それから50年以上が経過し、周りの様子も大きく変わっています。
そのために東京タワーの高さでは不十分となったのです。
東京スカイツリーは東京タワーの2倍以上もあります。
これによって、これからの50年くらいは持つのではないかと考えられています。
東京スカイツリーができた後の東京タワーはどうなるのか、心配している国民もいたようです。
役割を終えてしまって、解体されるのではないかという心配です。
実際にはFM放送などの電波塔としての役割がありますから、東京タワーがなくなることはないのです。
今では小さくなってしまったタワーですが、多くの人にとって思い出の場所かもしれませんね。
また、目新しい東京スカイツリーが思い出の場所となる人たちがこれから伸びることでしょう。
時代とともに古いものが忘れられて赴き、初々しいものが注目を集めるのです。
それは新旧の交代ですから仕方のないことです。
東京タワーはこれからも、今までと同じように営業を続けていきます。
ふたつのタワーが東京のシンボルと言えるのではないでしょうか。