長野の紅葉スポットへの旅行!オススメのお土産①


各地の紅葉スポットへ出かける人も多いですが、気になるのはお土産での購入ですよね。
自分ひとりで出かけることもありますが、でも、何か記念に買って戻りたくなるのではないでしょうか。
ましてや、旅行のことを家族や職場の人が知っている場合は、無視するわけにはいきませんよね。
お土産は旅行で訪れた場所で購入することが理想的ですが、紅葉スポットを移動する間ずっと持ち歩くのは重くて大変です。
やはり、車で立ち寄る場合はそういった心配をしなくてもいいかもしれませんが、車内に引き続き置いておくのも気になりますよね。
そこでお薦めなのは、駅や空港でお土産を買って帰る方法です。
いまさら言うまでもありませんが、この方法はけっこう便利です。
また、その土地を代表する人気商品が購入出来るのではないでしょうか。
長野県には「信州まつもと空港」(松本市・塩尻市)があり、札幌・大阪・福岡各方面からのお出掛けには「空の旅」がお薦めです。
但し、鉄道とはつながっていないため、各方面へは空港連絡バスやタクシーでなどの移動が必要になります。
因みに、空港からは松本城:約半、諏訪湖:約40分、上高地:約1時間20分で行き来出来るため、長野の紅葉スポットへの旅行には航空機を利用することも考えましょう。
空港内では、栗ようかん・栗かのこの小型サイズを埋め込み合わせた「竹風堂 栗菓子」が購入できます。
また、天皇皇后両陛下献上菓子の「洋菓子のレーヌ 信州信濃の長芋の里」は長芋によるケーキで、ブランデーが入っているため大人へのお土産にお薦めです。

長野でおすすめの体験種類


旅行に出掛ける楽しみのひとつに「体験プログラム」があります。
「体験コース」「体験学習」などと呼ばれますが、大して肩肘張らずに楽しむといいですね。
どういう体験ができるのかは旅行先によっても異なりますが、その土地ならではの工芸品づくりをすると思い出づくりに役立つのではないでしょうか。
長野県でお奨めの体験に関しては、【長野でお奨めのグルメ「信州蕎麦」③】の中で「そば打ち体験」を紹介しました。
詳細については「さわやか信州旅.net:長野県公式観光Webサイト」で案内されています。
また、【長野の紅葉スポットへの旅行「お奨めのお土産」②】では、野沢温泉での「野沢菜収穫 漬込み体験」についても触れています。
スーパーの店頭で並ぶ「野沢菜漬け」は、いわゆる「仕上がり」ですが、その元になる野沢菜は想像以上に大きいのでびっくりするかもしれません。
野沢温泉では「紅葉の森トレッキング」や「旬きのこ狩り体験」も楽しむことができます。
また、季節ごとの体験プログラムも実施されていますので、日程などの詳細については「野沢温泉観光協会」のサイト内で確認するといいですね。
野沢温泉では、四季を通じて各種体験プログラムが用意されています。
そのため、紅葉の季節だけでなく、その季節ならではの貴重な体験ができるのが大きな魅力です。
無論、紅葉スポットを楽しんでからほかの季節に改めて訪ねる方法もありますね。
なお、野沢温泉は長野県北部の下高井郡野沢温泉村にありますが、県内各地には大町温泉郷(大町市)・白骨温泉(松本市)・昼神温泉(下伊那郡阿智村)など数多くの温泉が存在します。

長野でお進めのグルメ「信州蕎麦」③


「信州」としてもおなじみの長野県は、蕎麦の産地としても大変有名です。
県内各地には、他の地域には無い蕎麦もあるため、紅葉の季節の観光にオススメします。
北信地域では「凍りそば」が有名です。
こちらは、「凍り豆腐」(高野豆腐)の作り方と同じで、保存食としてもオススメです。
また、長野地域には、ソバの甘皮を取らずに挽く「戸隠そば」があり、「日本三大そば」の一つとしても知られています。
どんどん、飯伊地域の「信州大そば」「下栗そば」など、その地域ならではの蕎麦を堪能できます。
また、紅葉スポットを求めてお出掛けのときは、「そば打ち体験」を通じてはいかがでしょうか。
趣味で始めたそば打ちがきっかけになり、「第二の人生」の生きがいとしてお店を始めた人の話を訊くこともあります。
もちろん、そのためには徹底して技術を学ぶ必要がでて来るが、旅行先では肩肘張らずに体験出来るのがいいですよね。
そば打ち体験の場所を捜し出すためには、「さわやか信州旅.net:長野県公式観光Webサイト」の活用をオススメします。
こちらで紹介されている体験施設では、名人やベテラン講師などの指導を受けながら、面白いそば打ちが体験できます。
また、おやき・五平餅などの郷土料理が体験出来るところもありますので、詳細については事前確認をオススメします。
なお、「さわやか信州旅.net:長野県公式観光Webサイト」では「信州紅葉だより」もあり、過去2年のデータをもとに「紅葉見ころ」時期などの紹介がなされています。
長野へお出掛けのときは、こちらも参考にするといいでしょう。

長野でお薦めのグルメ「信州蕎麦」②


日本各地を旅すると、その土地ならではの「ご当地グルメ」に出会うことも少なくありませんね。
また、「食」へのさらなるこだわりを求めて、世界を旅するといいでしょう。
「麺類」は人にとって大変身近な食べもので、うどん、ラーメン、蕎麦は代表的な存在ですね。
ここでは、長野でお進めのグルメ「信州蕎麦」について、僅か追及していきたいと思います。
信州は「そば切りの発祥の地」とも言われており、県内には「信州そば切りの店」の認定店が50店舗以上存在しています。
「そば切り」とは狭い麺状として取る方法、つまり、現在では定番の食べ方のことをいいます。
この形になる前は、そば粉を団子状にしたり薄く焼いたりして食べられてきた歴史があります。
また、「そば切り発祥の地」には、甲州や江戸との説もあるようです。
「信州そば切りの店」とは「信州そば切りの会」が認定した店舗のことを効く、材料(長野県産のそば粉)・つなぎ割合(30%以下)・工程(手打ち)などの条件を満たす必要があります。
蕎麦を打つときは、そば粉と水だけでは整い辛いため、ほかの食材をつなぎに取り扱うことも少なくありません。
蕎麦のつなぎとして小麦粉が知られていますが、全国各地では各種食材が使われているようです。
長野県では北信地域の「富倉そば」が有名で、山ゴボウが使われているため色が濃くなるなどの特徴がみられます。
紅葉が深まると冬も近くなります。
みなさんが紅葉を求めて旅するときは、美味しい信州蕎麦情報の収集をお進めします。

長野でお進めのグルメ「信州蕎麦」①


観光旅行に出掛ける楽しみのひとつに「ご当地グルメ」との出会いがあります。
メディアで取り上げられたのがきっかけで、話題になることも少なくありませんね。
通販で取り寄せることもできますが、自分で観光地まで足を運ぶメリットがでかいのではないでしょうか。
アルプスや八ヶ岳、上高地など「山」のイメージが広い長野県は、「信州」としても有名です。
信州とは「信濃国」の別称で、岐阜県中津川市の一部も留まるようです。
また、信州は、甲斐(山梨)・越後(新潟)と合わせて「甲信越」と呼ばれることもあります。
観光情報サイトなどでは、「信州」や「甲信越」として巻き上げられることも多いため、紅葉オススメ情報を探すときに参考にするといいですね。
長野のご当地グルメには「信州」の名前が付いたものもあり、そのひとつ「信州蕎麦」は代表的存在です。
紅葉を求めて旅行するときは、蕎麦の美味しいお店を探してあるくのもいいでしょう。
事前に調べておくと、旅行計画が立てやすくなりますね。
信州蕎麦のお店を見い出すときは、北信・東信・中信・南信の4つのエリアから生み出すほか、それらを一層細く分けて捜す方法もオススメです。
因みに、北信エリアは北信・長野地域、東信エリアは上小・佐久地域、中信エリアは大北・松本・木曽地域、南信エリアは諏訪・上伊那・飯伊地域に分けられます。
北信地域は長野県の最北部にある地域で新潟県と隣接、一方、長野県の最南端は飯伊地域で、静岡県とつながっています。
信州蕎麦を楽しむときは、それぞれの地域の気候や隣県からのアクセス情報なども考えたうえで、お店探しをするといいかもしれませんね。