東京スカイツリーの役割

テレビがデジタル化されてから、アナログ放送の修了がアナウンスされるようになりました。
関東地方それでは東京タワーからの電波によって、テレビ放送を通じてきましたが、超高層ビルが建てられるようになって、電波障害の発生が問題となってきました。
そのための結論は超高層ビルよりも高い建ものを定めることしかありません。
そこで目新しい塔を築き上げることになったのです。
目新しい電波塔の名称が東京スカイツリーです。
東京スカイツリーは634mの高さですから、現在の東京タワーの2倍以上になります。
みっちり時期を同じくして、デジタル放送が始まったのですが、東京スカイツリーの役割がデジタル放送のためだけにあったわけではありません。
携帯電話向けのワンセグ放送の電波も発信します。
また、災害ときの防災無線の役割も重要なものです。
アナログ放送がなくなることにより、デジタルのみとなりますが、民放5社とNTTの出資による東京スカイツリーの役割は一層重要なものになるのです。
東京スカイツリーを見ようとするみなさんで週末の墨田区は賑わっているそうです。
東京スカイツリーが東京の目新しいシンボルとなることは間違いないでしょう。
地上350メートルのところには展望ロビーがあります。
そうしてますます450メートルのところは特別展望ロビーとなっており、関東一円を見れるのです。
東京に行ったら東京スカイツリーと言われるはずです。
2009年から建設が始まりましたが、2012年に開業です。
皆の期待と夢を乗せているかのような電波塔ですね。
基本の役割は電波塔も、そこにはロマンがあるのです。

東京スカイツリーの個性

東京スカイツリーは個性ある電波塔です。
東京とのシンボルとしての役割も担っていますから、そこら辺のタワーとは一味もふた味も違うのです。
取り敢えず、形が違います。
足元は三角形ですが、上に行くによって円形になっていきます。
日本の伝統的な建築手法を取り入れたものだそうです。
無論、ハイスペックを使って実現されています。
そうしたら、高さです。
電波塔としては世界最大の634メートルとなるのです。
東京スカイツリーにはふたつの展望ロビーがあります。
350メートルにある展望ツリーにはレストランやカフェ、ショップなどが入っています。
うまい景色を眺めながらのひとときは貴重なものになるでしょう。
そうしたら、450メートルの展望ロビーは天空回廊となっています。
ガラス越しに関東一円を待ち望むことができます。
また、この塔の目玉はライティングです。
ふたつのモチーフにより、淡いブルーを基調としたライティングと、紫色に光るライティングが1日毎に替わります。
ふたつの顔を持つのです。
現代の大プロジェクトですから、建設中からみんなの関心を集めてきました。
建設中なのに観光客がたくさん訪れていたのです。
東京スカイツリー関連のグッズもいまや販売されていました。
完成を待ちきれない人がたくさんいたのでしょう。
また、タワーがどのようにして出来上がっていくのかを見たいという人も多かったのではないでしょうか。
その気持ちは東京スカイツリーが完成しても、大きな関心となって出向くことでしょう。
東京スカイツリーは東京だけではなく日本のシンボルなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です