東京スカイツリーのデザイン

電波塔として建設が始まった東京スカイツリーですが、それが東京のシンボルとなることは誰でもわかっていました。
そのためデザインは多くの議論がなされています。
イメージとしては空にかけて生える大きな木です。
空の上から人の暮らしを見守ってもらえる。
シルエットは日本の伝統的な建築を意識しています。
機械的ではなく、そりやむくりと呼ばれる建築技法を模しているのです。
人と地球にきめ細かい、コミュニケーションの場としての東京スカイツリーです。
頂部から足もとまで、フニャフニャ曲線が描かれています。
足元は三角形ですが、緩やかなカーブを描いて円形へと変化します。
見極める角度によってその形が変わりますから、多彩な表情を有する塔と言えるのです。
日本の伝統的な美を意識しているのです。
無論、建築にあたっては最先端のテクノロジーが使われています。
伝統とハイスペックの融合によって、真新しい東京のシンボルが完成したのです。
色も重要なものです。
デザインのコンセプトに沿って、白磁をイメージした青みがかった白によって落ち着きのある生来輝きとなっているのです。
また、EVシャフトはグレーですから、白い塔の造形に奥行きを加えることにより、塔が際立つデザインとなっているのです。
展望台の部分はメタリック色のパネルがはめ込まれています。
東京の空に吸い込まれるような感覚を覚えてしまいますね。
淡いブルーは富士山をイメージしていると位置付けることもできます。
いずれにしても、多くの人が納得できる際立つデザインと言えるでしょう。

東京スカイツリーの特徴

東京スカイツリーの特徴は何といってもライティングデザインでしょうか。
夜になるとライトが灯され、幻想的シルエットを浮かび上がらせるのです。
江戸で育まれた「粋」と「雅」の二つのライティングが1日毎に変わる仕組みとなっています。
「粋」は心意気ですし、「雅」は美意識の象徴としていいでしょう。
新しい東京スカイツリーには新しいスタイルのライティングが使われているのです。
今日から明日と、未来へ貫くタワーと表現されています。
タワーが近未来をイメージしているのと同時に江戸から続いてきた風景を継承しているのです。
下町の歴史をほうふつさせるコンセプトなのです。
基本コンセプトは「下町~東京~日本へ陥る風土」「江戸~現代~未来へ罹る歴史性」「地球に優しく環境時代に望ましい象徴性」の3つです。
ライティングされて光っている部分と影になる部分が一体となることによって、美しい東京スカイツリーが出現するのです。
最先端の技術を取り入れることによって、省エネルギーと美しさが両立しています。
照明に使われるのはすべてLEDだそうです。
心意気の「粋」は隅田川をモチーフにした淡いブルーを基調として、タワーのしい中を照らします。
美意識の「雅」は鉄骨の構造による衣です。
優雅で気品あるイメージなのでしょう。
淡い紫色で光ます。
この二つの照明パターンが1日おきに出現しますから、東京スカイツリーを見分けるのに2日は必要ということですね。
あなたはどちらのライティングが気に入るでしょうか。
ともすばらしいですから、甲乙つけがたいところです。

東京スカイツリーの場所

観光地や人が固まるところはプロセスが重要となります。
2009年に建設が始まった東京スカイツリーの状況を見てみましょう。
東京スカイツリーは都内墨田区押上にあります。
プロセスの手段はたくさんあります。
それは東武伊勢崎線、京成押上線、東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄浅草線の4本の鉄道が交わっているところだからです。
位置的には成田空港と羽田空港を結ぶ路線上となります。
そしたら自動車は幹線道路が整備されてあり、首都高速道路のインターチェンジもあります。
東京スカイタワーは電波塔としての役割の他に、東京のシンボルとして観光客が集まることが期待されています。
そのための場所としては最適ではないでしょうか。
広域にわたる観光客を期待した、観光まちづくりがプロジェクトとして発足しているのです。
単なる電波塔ではないのです。
そのためにデザインのコンセプトには、周りの景観との調和を重視している姿勢がうかがわれます。
これからの日本のシンボルとして良いものだが、東京の観光名所となるのです。
東京の下町として、近代的でありながら歴史を偽るようなライティングも素晴らしいものです。
建設中のころから多くの観光客が訪れています。
遠くから全貌を見ることが出来るスポットも人気を集めているのです。
当然、一番のっぽな建ものだから、多分のところから見ることができます。
ただし、見晴らしの良いところは限られてきますね。
地方から東京を訪れた人はしっかり行きたくなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です