大江戸温泉物語


東京のお台場にあるエステティックサロン「大江戸温泉もの語」はドクターフィッシュを常設している施設のひとつです。
ここでは日本でやっとスパ施設としてドクターフィッシュが行うフットケアを開始しました。
大江戸温泉の中それではフィッシュセラピーのブースを日本でついに提供しています。
他のイベントでなさるような期間限定のものではなく、常設の施設サービスとして提供しています。
ドクターフィッシュは癒し処として設置されており、15分1,575円で体験することができます。
おんなじ庭園エリアには足湯もあります。
広々とした700坪もある日本庭園の中に、全長50mに及ぶ足湯の道が出来ています。
浴衣のまま庭園にでられます。
この庭園エリアでは男女一緒に足湯やドクターフィッシュを楽しむことができます。
ドクターフィッシュの営業時間は11:30~21:00です。
但し金曜日と土曜日と休前日は23:00までやっています。
足湯の営業時間は11:00~21:00です。
但し金曜日と土曜日と休前日はAM2:00までやっています。
大江戸温泉もの語の営業時間は11:00~翌朝の9:00までです。
しかし最終入館は朝の7:00となっていて完全入替制です。
大江戸温泉の利用料金は、通常中学生以上が2,900円、4歳~小学生が1,600円、4歳未満は無料です。
18:00以降に入館する場合はナイター料金として、中学生以上が2,000円、4歳~小学生が1,600円です。
深夜2:00以降に在館している場合は追加料金として1,700円必要です。
大浴場、露天風呂、サウナを完備しています。
その他砂風呂や岩盤風呂は有料で、砂風呂は15分1,575円、岩盤風呂は60分1,000円必要です。
リラクゼーションとして、ドクターフィッシュ以外にもエステ、あかすり、よもぎ蒸し、マッサージなどがあります。
縁日、ゲーム、占いなどの遊びエリアも充実しています。
宿泊することも出来るので一日ゆっくりと楽しむことができます。

スパリゾートハワイアンズ

福島県いわき市にあります「スパリゾートハワイアンズ」もドクターフィッシュを常設している施設のひとつです。
現在日本にはたった数箇所しかドクターフィッシュの常設施設がありません。
そのうちの貴重なひとつがこの施設です。
しかもここではドクターフィッシュが安価な値段で体験できます。
10分間たったの500円です。
他店で立ち向かうよりもダントツの安さです。
スオアリゾートハワイアンズの中のウォーターパークにあります。
ワンダーホルン乗り場の前に設置されています。
営業時間は平日の場合11:00~17:00まで、土日祝日の場合10:00~18:00までとなっています。
ドクターフィッシュが集まるプールにたって、魚たちによる皮膚へのついばみを体験してください。
気持ちよい刺激が得られると思います。
スパリゾートハワイアンズには、ドーム6個分もの広さを誇る敷地内に5つのテーマパークがあります。
先程紹介したプールがあるウォーターパークと、ウイルポート、スプリングパーク、スパガーデンのパレオ、江戸情和の与市です。
ウイルポートでは、アクアエクササイズやスタジオエクササイズをしたり、エステ体験をしたりできます。
より美しく健康的に罹るための施設です。
レストランや宿屋もあります。
スプリングパークはおしゃれな南欧風エリアです。
男女一緒に水着で来れるジャグジーやサウナなどがある「スプリングタウン」と男女特別裸で大浴場に入浴する「大浴場パレス」があります。
スパガーデンのパレオでは男女一緒に水着で味わえるスパエリアです。
多彩な温泉が楽しめるさわやか空間です。
江戸情和の与市では、江戸時代の湯屋を再現しました。
温泉といえばその原点は露天風呂です。
露天風呂を思う存分満喫できる世界最大の大露天風呂があります。

ドクターフィッシュの飼育


マスコミなどで話題となってドクターフィッシュを一度は体験してみたいという人が増えていますが、さらに個人でドクターフィッシュを飼育してみたいという人も増えています。
魚を貰う場合は通常観賞用として癒しを得ますが、このドクターフィッシュの場合は観賞用だけではなく直接体感することで癒しを得ることもできます。
人間に慣れているため、飼育者が押し迫ると魚も近寄ってくるのでかわいらしい魚です。
ドクターフィッシュとはコイ科に属している「ガラ・ルファ」という魚です。
ドクターフィッシュに似ている魚を輸入して販売している業者もいますから注意してください。
基本的知識を身につけてだまされないようにしましょう。
このコイ科としてのドクターフィッシュの特徴は、喉の奥に歯があります。
そのため口と歯の形態によって種類が分かれます。
ガラだけでも10種類以上いるそうです。
ドクターフィッシュは37度くらいの温水においても生息することができます。
似ている魚がいますが通常魚は高温の水には踏ん張ることができません。
但しドクターフィッシュの幼魚を観ることは素人には大変難しいです。
購入するときは度々気をつけてください。
信頼できる業者かどうかみるのも判断材料になると思います。
個人でドクターフィッシュを飼育する場合に必要なものです。
取り敢えず魚を混ぜる水槽です。
60cmくらいの大きさがベストだと思います。
濾過装置は密閉式になっているパワーフィルターがいいです。
ドクターフィッシュは外に飛び出す可能性が厳しいためガラス蓋も必要です。
ほんの少しの隙間もあけないように注意してください。
温度管理をするための水温計、照明もあると魚がよく見える。
60cmの水槽に対して200~300W程度のヒーター。
温度管理を行うためのサーモスタット。
魚の出し入れをするときに取り扱う網。
あとは魚の餌です。