テルメヴィラちゅら~ゆ


沖縄でどうにかドクターフィッシュを体験できる常設施設を構えた「テルメヴィラちゅら~ゆ」です。
しかもドクターフィッシュによるヒーリングスパを無料で体験叶うのです。
2007年3月から沖縄でいよいよ常設されて、足湯のフットケアが無料で開始されました。
「テルメヴィラちゅら~ゆ」は東シナ海を望むことができる南国の天然温泉で究極のリラクゼーションが得られる場所です。
ザ・ビーチタワー沖縄ホテルに隣接しています。
ヒーリングプールがリラクゼーションスポットとして話題になっています。
「テルメヴィラちゅら~ゆ」には他にも屋外プールや露天風呂や内湯、サウナやマッサージなどがあります。
プールやジャグジーから東シナ海を一望することができます。
沈む夕日を眺めたり、ライトアップされた幻想的雰囲気で入ったりと雰囲気も遊べる美しい湯として知られています。
ここではドクターフィッシュを1000匹用意して健康増進のために足湯フットケアを通じています。
皮膚の代謝を活性化したり、マッサージ効果やリラックス効果が得られたりします。
1000匹のドクターフィッシュが泳いでいる足湯に足をつけて、目の前に流れる東シナ海を眺めながら真のヒーリング体験はお進めです。
「テルメヴィラちゅら~ゆ」の施設入場料金は平日の10:00~18:00大人が1,000円、12歳未満が700円、1歳~3歳が300円となっています。
平日の18:00~22:00と土日祝日の終日は大人が1,300円、12歳未満が700円、1歳~3歳が300円となっています。

レンタル

個人ではなく施設でドクターフィッシュを常設する場合、ドクターフィッシュはレンタル制になっていることが一般的です。
そのレンタルの理由としては、ドクターフィッシュは熱帯魚など他の魚に比べればそれほど丈夫な魚です。
但し人の手や足などが常時いらっしゃる環境で泳いでいると弱って仕舞う魚もでてくる。
弱った魚は、ドクターフィッシュが雑食性なため共食いされてしまいます。
一般的にこのような理由から月額で1割程度の魚がいなくなってしまいます。
そのためレンタルとしておけば、定期的な業者のメンテナンスにより、月額あたり減ってしまった分の1割分ずつを補充していけばドクターフィッシュがいなく向かうということはないのです。
またドクターフィッシュは外来種で雑食性のため、もし川に流されてしまった魚がでた場合、川で他の在来種の魚を傷つけてしまうリスクがあります。
基本的には寒い地域では冬を越せないのですが、沖縄などの海では水温が冬も10度ほどあるため冬を越せるとも言われています。
ドクターフィッシュに関する細かい生態はまた研究されていて詳細ははっきりしていません。
そのためむやみやたらに販売するのではなく、きちんとした業者の管理の元レンタルとして個体数を確認しながら育てていくのがいいとされています。
また成長してしまって2年半年以上になったドクターフィッシュはついばみをしないため終始幼魚としておかなければフィッシュセラピーとしては成り立たないためレンタル制をとっています。

ガラ・ルファ


学名「ガラ・ルファ・オブトゥサ」これがドクターフィッシュの正式名称です。
コイ科の淡水魚です。
ガラ・ルファことドクターフィッシュは植もの性の種類クトンや動もの性種類クトンや珪藻を食べている雑食性です。
寿命は約7年です。
人間の皮膚をついばむ習性は魚の疑いが少ない生後2年半年くらいまでとしています。
成長した魚の体長や約14cmになるそうです。
一般的な魚では考えられませんが、このガラ・ルファは35度以上の水温も生息できるという特殊な魚です。
そのためこの習性によって37度くらいの温水にガラ・ルファを泳がせて、高温では種類クトンなどもいないため人間の古めかしい角質を摂るというセラピーを思いついたのです。
トルコにある有名なカンガル地方にある温泉では、何百年もはるか昔から有名でした。
そもそもこのガラ・ルファがドクターフィッシュとして見出されたのは、このトルコの温泉に空腹ときの魚が入ってきて、餌がないため代わりに人間の皮膚を食べたということが始まりだったそうです。
クレオパトラが寵愛したとされるほど昔から有名だったことに驚きです。
日本で有名になるはるか昔からトルコだけではなくドイツも寵愛されてきた魚です。
中でもドイツではドクターフィッシュによって受ける治療を対応として認めて保険適用されているほどメジャーな治療となっています。
日本では今手軽なエステ感覚、魚が人間の角質を食するという意外性から話題として人気になっている魚です。