繁殖


ドクターフィッシュの学名であるガラ・ルファはメディアで紹介された当時は入手したくても入手方法がわからない魚でした。
トルコやシリアなどの西アジアの川周辺には普通に生息しているドクターフィッシュでしたが、日本では生息地不明でした。
そこで当時はドイツなどから輸入するしか仕入れ手段がありませんでした。
10年ちょっと前は海外からの直輸入でドクターフィッシュを仕入れていたのでしょっちゅう得ることはできませんでした。
そのため繁殖についても無論思案されていました。
ただし当時はガラ・ルファの繁殖時期など魚に関しての詳細情報が一切不明でした。
飼育していくうちにゆるゆるガラ・ルファについて頷けることがでてきました。
それは水質の適応幅が大きく多少汚れていても生息できるということです。
また1年ほどで体長約10cmまで成長すること、そして産卵時期になってくると親魚は温泉から姿を消すということがわかりました。
次に卵を産み付ける産卵床についてです。
魚には産卵床に卵を産み付けるタイプと水中に卵をばら撒くタイプがあります。
ガラ・ルファは産卵床に生みつけるタイプで、生みつける先は水生コケなどの水草であることがわかりました。
卵の直径は3mm程度で産卵後3日ほどして孵化します。
生まれたばかりの仔魚は6mm程度の大きさしかありません。
2、3日すれば自分で餌をとって召し上がることができるようになります。
そうして手探りの中、ドクターフィッシュの繁殖方法を見つけて日本国内においても繁殖することができるようになりました。

飼育時注意点

個人で水槽を用意してドクターフィッシュを飼育する場合のファクターを紹介します。
最初に飼育準備がおわりして水槽の中にドクターフィッシュを入れた後のことです。
水槽の底付近やヒーター付近でドクターフィッシュが集団になってジッとして貫くときは、水質が合っていないとかバクテリアの繁殖ができていないといった理由が考えられます。
このようなときは、購入時に入れてきたビニール袋の中の水に一時的に避難した方がいいと思います。
ドクターフィッシュも輸送中の疲れが数日は残っています。
疲れにて夜中ガラ・ルファの体が真っ白く向かうことがあります。
この場合は数日間様子を見ていれば自然に元の色に帰るので大丈夫です。
ドクターフィッシュに授ける餌はガラ・ルファ専用のもの、あるいは熱帯魚用の餌で大丈夫です。
餌を与えるときのファクターとしては、加える量に気をつけることです。
魚たちが1、2分程度で全て食い切ることが出来る量が適量です。
回数としては1日1回~2回です。
餌をこれ以上挙げすぎてしまうとガラ・ルファが弱ってしまいますから注意しましょう。
次に水槽の中の水を差しかえるときのファクターです。
水は全量を丸々乗り換えるのはやめましょう。
水質が変わってしまうためにガラ・ルファが弱ってしまい最悪のケースでは死にます。
全体量の3分の1~半分程度を置き換えます。
取替える際に濯ぐ水はカルキ抜きしたものにした方がいいです。
お手入れ上もガラ・ルファにとってもそちらがいいです。

飼育時注意点2


続いてドクターフィッシュを自宅で水槽にて飼育するときのコツは、濾過材についてです。
水を取り替えるときにこの濾過材についても掃除をします。
このときのコツとして、毎回は洗わないことです。
最初は洗わずに2回目洗うといったように、2回に1度のペースで洗うようにしましょう。
なぜならば濾過材をきれいにしすぎてしまうと、濾過材の中にいるバクテリアも一緒に洗い流して仕舞うため水質が悪くなります。
バクテリアが水中に存在していないと、水を浄化してくれなくなり、ドクターフィッシュが死んで仕舞うことがあります。
水を入れかえる時折バクテリアも追加するように注意しましょう。
ただしバクテリアを入れすぎても問題があるので、閉じ込める量に注意します。
また飼育して毎日観察していると、時々ドクターフィッシュがジッと水底付近で止まることがあります。
このようなときは様子をみていればゆっくり元気になることもあるので大丈夫ですが、注意しなければならないのは弱った魚は共食い向かうということです。
そのため弱った魚がでたら、他の魚と元気になるまでの間隔離しておく方がいいです。
ガラ・ルファは37度程度の水温でも大丈夫ですが、一番いいのは32度くらいが合っているようです。
水温には日頃から注意を払いましょう。
水汚れにも日頃から注意して、1週間に1度のペースで掃除をください。
手や足を水の中に入れている場合は、とりわけ汚れ易いです。
照明については、昼間はライトをつけて明るくしてあげて、夜はライトを消して魚が寝付けるようにしてあげましょう。
また他の魚との共存はむずかしいため避けたほうがいいです。

疑問

ドクターフィッシュに関しての素朴な疑問についてお答えしていきます。
予めドクターフィッシュと呼ばれるガラ・ルファの寿命がどれくらいなのか。
寿命は7年~8年と言われています。
人の皮膚をついばむのは2年半年ごろまで、それ以降は興味を指し示しません。
ドクターフィッシュの医学的効能について。
ドイツでは対応として認められていますが、現在日本ではまだまだ認められていません。
アトピー性皮膚炎に効果があるとしています。
しかしながら医学的根拠は依然としてありません。
ドクターフィッシュの入っている水槽に人間が手や足を閉じ込めることで水槽内の水が汚くなることはないのでしょうか。
これは濾材の中に良質バクテリアが住んでいるため、雑菌を分解してくれて繁殖しにくい環境作りができているため大丈夫です。
このバクテリア繁殖がうまくいっていないと、ドクターフィッシュが水槽内で賢く生活できずにジッとすることがあるかもしれません。
このようなときはふたたび水質検査をするなどして環境を備え付ける必要があります。
検査は亜硫酸試薬を使うことをお勧めします。
水質はPH6.5~7.0になるようにしてください。
またガラ・ルファの体が白く患うことがあります。
水槽に入れた当初であればそれは輸送による疲れからだと思います。
それ以外にも夜になると体を白くすることがあります。
暫しの間放置しておけば数日後に元の色になるので大丈夫です。
ガラ・ルファはさほど育て易い魚なので安心して飼育ください。