のとじま水族館


富山県にある「のとじま臨海公園水族館」ではドクターフィッシュの魚として知られているガラ・ルファを繁殖することに成功しました。
のとじま水族館では来館者が手を水槽に添えると手を掃除していただけると人気がある魚です。
のとじま水族館では2009年末になんとかドクターフィッシュの繁殖に成功しました。
2010年1月現在約200匹の稚魚がいます。
展示スペースを拡大していきこれからは水族館に人々を誘致するための目玉としていくそうです。
ガラ・ルファはトルコの温泉などにいて本来は微生ものを食べるのですが、温泉という高温の水の中には微生ものがいないため人間の古い角質を食べると言われています。
トルコでは皮膚病の治療として使われていますが、日本では温泉の町箱根などで人々の疲れを癒すマッサージ効果があるとして温泉や足湯で人気があります。
のとじま臨海公園水族館では、ドクターフィッシュを展示しはじめた2005年から成魚を買っていました。
年間で1割近くが死んで仕舞うというガラ・ルファを死ぬたびに成魚を買って補充してきたのです。
それが今回初めて繁殖に成功して、これからは自分達のところで育てて、減ってきたら補充してというサイクルを始めることが出来るのです。
のとじま水族館では、ドクターフィッシュを繁殖させようと、鎌倉にある江ノ島水族館からそのノウハウを学んでいました。
そうして繁殖に成功したというわけです。
日本国内でドクターフィッシュの繁殖に成功した例は依然としてほんのわずか数件しかないようです。
ガラ・ルファは自然の川で生活しているとき、繁殖の時期になると温水から水温のちっちゃい川の方に移動する習性があるとわかっていました。
そこで水族館も水温を調整して工夫したところ、見事に繁殖に成功したというわけです。
順調に孵化は進んで今では多くの稚魚が成育しているそうです。

シーズ・ラボ

きめ細かいメンテナンスによって女性たちのデリケートな体と肌を続けることは大切です。
魚が角質を食べて得るという健康的な若返りピーリングとして話題になっているサロンのご紹介です。
ドクターフィッシュはとっくにあちこちのメディアで話題になっていますが
2006年の国際的な美容見本市である「ビューティーワールド」で紹介されてからグングンドクターフィッシュが注目を集めるようになってきました。
そうしてこのときとうにドクターフィッシュを取り入れた全身ピーリングをメニューに加えているサロンがあったとのことで今回詳細をチェックしてみます。
それは東京渋谷区にあるクリニカルサロンの「シーズ・ラボ」です。
ドクターフィッシュによるピーリングでは一切化学薬品を使わないために肌に実にやさしいです。
そのため肌の弱々しい、敏感肌の人などにも安心してできると好評です。
フィッシュピーリグはカウンセリング込みで60分の所要時間となっています。
VIP専用ルームのバスに水をはってドクターフィッシュを泳がせます。
最初にセラピストとカウンセリングを通して、水着に着替えます。
シャワーを浴びた後にバスの中に入ります。
魚たちが集まってきて電気刺激というピクピクとした感覚がきます。
魚たちが寄って現れる姿に癒されて、皮膚がきれいになって、マッサージ効果もあって最高に気持ちがいいです。
入浴時間は平均25分~半です。
きれいにしたい部分やその範囲によって若干差があります。
ぬるま湯の中におっとりつかってゆっくりとします。
サロンでは、女性だけではなく男性からもこのドクターフィッシュによるピーリングが人気メニューとなっています。
このドクターフィッシュによるピーリングとセットで、背中のイオン導入を行う女性が多いそうです。
フィッシュピーリングの料金は3,150円~となっています。

ワンダーフィッシュ・スパ


香港もガラ・ルファによるスパがあるそうです。
こちらではドクターフィッシュではなく、「ワンダーフィッシュ・スパ」と言っているそうです。
日本においてドクターフィッシュと同じガラ・ルファとして、フットマッサージを通しています。
香港のワンダーフィッシュ・スパでは体長7cmくらいのガラ・ルファとしています。
別名ドクターフィッシュで口が吸盤状になっていて人間の皮膚の古くなった角質を採り入れる優秀な魚です。
アトピー性皮膚炎やその他の皮膚病にも効果があるとしています。
500匹くらいのガラ・ルファが入っている水の中に足をつけます。
最初の2分くらいはほんとにくすぐったくて笑いが立ち寄りません。
こちらではセッションが20分、半、60分と選べます。
料金は20分で140香港ドル、半で180香港ドル、60分で300香港ドルとなっています。
営業時間は10:00~21:00までです。
香港では日本よりも格安でエステやスパを体験することができます。
香港の街中にはマッサージ店の看板がいたるところに多数あります。
夜になるとネオンがギラギラと看板を映し出します。
ただ場所やお店によって、観光客を目当てにした無茶な料金設定を通じているお店があります。
入店してサービスを受ける前にとにかく料金とスパやマッサージ内容の確認をしておくことが大切です。
その上でむかつく場合、料金が合意できない場合は店をでても大丈夫です。
香港にお立ち寄りの際はどうしてもスパを体験してください。