「きかんしゃトーマス」の鉄道模型(2)


「きかんしゃトーマス」のHOゲージ、Oゲージ、Gゲージの鉄道模型を紹介します。
「HOゲージ」・・・アメリカの「Bachmann」から商品化されています。
「Hornby」の製品と比べて、テレビのキャラクターというプロポーションとなっていますが、簡易的なディテールとなっているので、玩具ものの印象を結構受けるかもしれません。
貨車と客車の一部は、OOゲージブランド「Bachmann Branch-Line」から流用して、モールド色を変更したので、1/76の縮尺で製作されています。
大人と一緒なら乳児でもまかなうことができ、価格も国産のNゲージと意外と貫くのが魅力です。
また、ドイツの「メルクリン」からも商品化されていますが、「HOゲージ」と称されていても、「Hornby」の製品を流用して車両本体が造られています。
「Oゲージ」・・・アメリカの「Lionel」から商品化されています。
Oスケールの鉄道模型とは異なり、交流三線式の玩具的鉄道模型で、“大きなプラレール”というイメージです。
元々、アメリカで高級玩具として扱われていたので、日本では少量しか輸入されず、大変高価になっています。
正規輸入元である東方興産の「トレインシティ」で入手できます。
「Gゲージ」・・・撮影用のモデルが「一番ゲージ」のため、撮影用モデルよりも大きいサイズの模型になります。
また、Gゲージの場合、本来よりもレール幅が小さくなります。
そのため、イギリス車両の特徴である、レールが車両よりも大きく受けとるようには表現できません。
「Lionel」がGゲージから撤退したため、入手するのが困難となっています。

「レンタルレイアウト」とは?

「レンタルレイアウト」とは、鉄道模型を運転する場所「レイアウト」を、時間制で提供するサービスのことで、これによって提供されたレイアウトのことも指します。
営業形態の例は、レイアウト提供が主体のところ、鉄道模型の業者が販売を促進するためやサービスとして設置する場合、鉄道模型の気違いが設置したレイアウトを一般開放する場合、複合カフェの1つのサービスとして設置する場合などです。
従来の形態は、業者が設置することが多かったのですが、今日それでは、レイアウト提供を主体とする営業形態が増えてきています。
また、最近では、鉄道事業者の参加も増えてきてあり、その例として、新京成電鉄の「鉄道模型館」があります。
基本的に、利用者は走らせる車両を持ち込む必要がありますが、オプションで車両の貸出ができるところもあり、鉄道模型気違いだけでなく、子ども連れの家族などでも喜べるものもあります。
レイアウトの情景は、作り込んで本格的に終わりられたもの、用意しただけの簡単な作りのもの、線路をただ固定しただけの簡素なものなどさまざまです。
ところが、利用者や見学者には、鉄道模型の初心者も少なくないので、不慮の破損事故が起こることもあります。
そのため、施設側は、情景を精巧に製作するのが耐え難いようです。
鉄道模型気違いならば、走行できる鉄道模型を満喫するために、大型なレイアウトを自宅に設置するという夢をもちましているはずです。
但し、現実的には、住宅事情や経済的なことを考えても、規模の高いレイアウトを設置できない人が多いでしょう。
これまでは、大型レイアウトを楽しむには、博もの館やイベントなどで受け取る運転ショーを眺めたり、運転会で組立て式レイアウトを運転したりするなど、選択肢が限られていました。
レンタルレイアウトは、気違いの要望をとらえて、進展しつつある業種です。

ジオラマが楽しめるビュッフェ&バー


2008年3月20日、奈良市に「ふれあい回廊『夢しるべ 風しるべ』」という総合飲食施設がオープンしました。
「夢しるべ 風しるべ」は、奈良の観光地の中心である奈良公園内・東大寺門前に位置し、12の食堂やもの販店で構成されています。
歴史の奥深い奈良は、食と生活の文化の原点だと言われています。
「夢しるべ 風しるべ」は、回る人々のために心からのおもてなしを提供します。
地元食材をとことん使った日本料理、“吉野葛”を使用した和風スイーツ、武家屋敷で食すイタリア料理、奈良の伝統野菜や工芸品などがそろったもの産店など、趣向とアイディアを凝らした店が揃うスポットとなっています。
中けれども、鉄道ジオラマビュッフェ&バー「シルクロードの終着駅」は、鉄道模型ジオラマを眺めながら、美味い食事やドリンクを味わえるお店です。
ジオラマのイメージは、昭和30年代~40年代の奈良となっています。
用意されている鉄道模型は、Nゲージが14線と、HOゲージ6線で、自由に運転することができ、持参した車両を走行することもできます。
可愛いけれどリアルにはたらく鉄道は、大人もちびっこも楽しむことができます。
店内の入口には、両端に鉄道信号機が設営されており、向かって左側が「Nゲージ」専用のビッフェとなっており、右側は「HOゲージ専用」のジオラマカフェ&バーとなっています。
メニューは、カレー、うどん、サンドイッチ、スパゲティーなど家族みんなで楽しむ料理や、午後6時からはビールや焼酎、カクテルなどのアルコールメニューもそろっているので、デートにもオススメです。
当然、お1人でも楽しめますよ。