マチュピチュの発見


アメリカンの歴史学者ハイラム・ビンガムがマチュピチュを発見したと考えられています。
彼がインカを旅していた場合偶然に認知ものだったのです。
最初は別のインカ帝国の都市であるビルカバンバだと考えたようですが、その後の調査で別の遺跡であることがわかったのです。
ビンガムの発見とその後の発掘調査によって多くのことがわかりました。
但し、それぞれの施設の役割は大きな誤解を生じさせることとなりました。
当時のインカ帝国の生け贄の儀式などがマチュピチュで行われていたと考えたのです。
現代ではそういったことは無く、太陽を観測するために用いられた日時計などであったと考えられています。
また、ビンガムが最初の発見者であると考えられていますが、ペルーの地元ではそれより前に発見されていたとしている人ばかりなのです。
マチュピチュが長年にわたって発見されなかった理由は、山のてっぺんにあり、ふもとからはまるっきり見えないことによるものです。
山頂まで登らなければわからないのです。
スペインがインカ帝国を壊した時にも、マチュピチュの存在を分かることがありませんでした。
それによって、マチュピチュは完全な形で残っているのです。
現代のマチュピチュは世界遺産に登録されてあり、世界中から多くの観光客が訪れています。
写真集やテレビでの映像を見分けるだけでも、その壮大さがわかります。
アンデス山脈の中に忽然と現れる天空都市がマチュピチュなのです。
日本では天空の城ラピュタのモデルとなったことけれども有名です。

マチュピチュの紹介

世界遺産の中でどこがあなたのお気に入りでしょうか。
マチュピチュはインカ帝国の遺跡として有名です。
山裾からはその存在がわからないように作られた天空の都市なのです。
マチュピチュ遺跡を訪れるツアーはたくさんあります。
毎年多くの人が世界中から観光にやってくるのです。
マチュピチュのことは観光ガイドなどにも紹介されていますが、現に行った人の個人的な感想を引っかかるのであれば、ブログを検索してみるとよいでしょう。
マチュピチュはペルーにありますが、ツアーの中まずは複数の遺跡を周ることがほとんどでしょう。
南米の世界遺産の中けれどもトップレベルのマチュピチュ遺跡です。
観光客のための宿泊施設もたくさんあります。
やはり、アクセスするための乗り物はありますが、自然の中に存在する遺跡ですから体力をつけておくことも大事ですね。
マチュピチュの魅力がどういうところにあるのかは自分で考えるしかありません。
また、マチュピチュを紹介しているNHKのビデオなどもありますね。
ピクチャーブックや映像からでも、その壮大さを解ることができます。
現にマチュピチュ遺跡を見ることができない人も多いでしょうが、それらの映像を楽しんでみましょう。
私たちの祖先は偉大なものをたくさん残してくれています。
遠くの地にあって、生涯見ることができないところもたくさんあるでしょう。
現代の技術で臨場感あふれる紹介ビデオを見極めることによって、遺跡の旅の代わりとすることもいいのではないでしょうか。
それならば短時間で世界中を旅出来るのです。

マチュピチュの秘密


標高2500メートル級の山の頂にマチュピチュは存在しています。
周りを山に囲まれていますが、山裾からはその存在自体が想像できません。
マチュピチュが発見されてから約100年の時が経っていますが、多くの謎が残されています。
マチュピチュはどのようにして作られたのでしょうか。
その石造りの建築技術は驚くべき精度で作られています。
また、山の頂上まで石を運搬していく方法なども謎となっているのです。
発見当初は遺跡に役割について大きな誤解があったようです。
それらは現代では別の解釈を与えられています。
マチュピチュ遺跡がどんな役割であったかということよりも、なぜこのような場所にどうして作ったのかが重要なのです。
アンデス山脈を要するペルーの世界遺産としてマチュピチュはベストと言われています。
世界中から多くの観光客が訪れているのです。
人者の生活から断じてかけ離れた生活が存在していたのでしょう。
インカ帝国はスペイン人によって滅ぼされましたが、マチュピチュ遺跡は奇跡的にだいたい完全な形で残されました。
インカ帝国の人々の知恵であったのかもしれません。
現代もマチュピチュの研究は保ています。
マチュピチュに隠れる秘密がいつの日か、明らかに受けることでしょう。
マチュピチュを訪れる機会がある人は、その光景をじっと目に焼き付けて下さい。
そうすることによって、当時の人々の気持ちがほんのりわかってくるかもしれません。
また、秘密は永久に謎として居残ることも古代へのロマンとしていいでしょうね。