世界の中のマチュピチュ


ペルーにはたくさんの世界遺産があります。
その中それでもマチュピチュは一番でしょう。
マチュピチュを建造した当時のインカ帝国の人々のすごさを目の当たりにすることができます。
また、ワイナピチュに上ればいわば絶景なのです。
世界遺産は世界中の有名な遺跡が指定されています。
マチュピチュに劣らない遺跡もたくさんあります。
マチュピチュはどのようにして作られたのかについても謎が多いと言われています。
いまだに、発見されてから100年程度しか経っていません。
当時の人々がどういう暮らしをしていたのかについては、現在でも研究されているのです。
日本からマチュピチュを見に行こうとすれば、大して簡単ではありません。
でも多くの人がマチュピチュの観光ツアーをめぐっているようです。
インターネットで検索してみましょう。
旅行記をブログに掲載している人がいるのです。
ワイナピチュは入場制限があります。
朝に並んで整理券をもらわなければならないのです。
何とか世界遺産を見るために観光するだとすれば、ワイナピチュにのぼる計画を通しておきましょう。
何事も計画が大事ですね。
そういう情報もブログで調べてみて下さい。
旅行会社が主催しているツアーならば、そういうことも配慮してくれているでしょう。
マチュピチュで一泊できるのであれば、ゆっくりと見学を通して下さい。
壮大な自然の中で日常生活から離れた気分に浸って下さい。
最も世界は幅広いのだと実感するはずです。
マチュピチュは絶対にお勧めですね。

マチュピチュとインカ

空中都市と呼ばれているマチュピチュはインカ帝国の象徴とも呼び込めるものです。
マチュピチュの発見でインカ帝国の多くの秘密が明らかにされてきたのです。
アンデス山脈の中にひっそりと作られた都市だったのです。
インカ帝国の全貌がどういう国であったのかは、現代でも不明なところがあります。
マチュピチュを発掘することによって解明された部分もあるのですが、一層大きななぞとなっていることもあります。
山の頂上へどうして石を運んだのか。
精巧に積み上げられた石壁をどうして作ったのかといったことです。
多くの映像でマチュピチュの都市を見たことがあるのではないでしょうか。
インカ帝国はアンデス山脈に広大な国を作り上げていたと言われています。
スペイン人によって多くの遺跡が破壊されましたが、マチュピチュは奇跡的に完全な形で残されていたのです。
発見当初はインカ帝国の生け贄の儀式が行われていたと考えられました。
インカ帝国の人々が野蛮な人種であるという一種の偏見によるものだったのでしょうか。
最近の研究によって、その多くの誤解は解けています。
アンデスの痩せた土地に効率よく段々畑を作っていたインカ帝国の技術力は驚嘆すべきものがあるのです。
マチュピチュへの観光ツアーは各種会社が企画しています。
日本人もたくさん訪れていると言われています。
日本の国土とはまったく異なる、アンデスの山々と、そこに忽然と姿を出すマチュピチュを見てみませんか。
まさに大自然の中の都市と言えます。
宮崎駿の天空の城ラピュタのモデルとなったことそれでも有名ですね。

マチュピチュの名前


インカ帝国の有名な遺跡にマチュピチュがあります。
世界遺産にも登録されているものです。
マチュピチュは空中都市との異名もあります。
アンデス山脈の山の頂上に作られた都市ですが、山裾からはその存在を分かることができませんでしたから、長い間人の目に当たることがなかったのです。
マチュピチュという名称は本当は山の名前です。
都市の名前ではなかったと言います。
アメリカの歴史学者ビンガムがマチュピチュを発見したところ、地元の人に遺跡の名前を聞いたところ、山の名前を聞かれたと思いマチュピチュと答えたのだそうです。
山の頂に作られた都市はどんな人々が生活していたのでしょうか。
私たちの日常とはてんで異なっていたことでしょう。
インカ帝国の都市として、700人ぐらいが暮らしていたと言われています。
現代もマチュピチュの研究が行われているのです。
マチュピチュへの紀行を記述したホームページやブログがたくさんあります。
多くの人がマチュピチュを訪れているのですね。
日本からマチュピチュへ行くにはかなりの時間がかかります。
でも一度は行ってみたいと考えるのでしょう。
旅行スキの人にとっては、多くの謎が残るインカの遺跡としてカワイイものなのです。
旅行会社のツアーもあります。
世界遺産の旅として、インカやマヤなどの中にマチュピチュを含めています。
出来ることだとすればマチュピチュで1泊して、じわじわ見てほしいものです。
マチュピチュとは現地語で老いた峰についてがあるのだそうです。
その言葉通り、古代の遺跡が残っているのでしょう。