マチュピチュの資料


外国旅行に行きたいのであれば、予備知識を十分に持っておくことが必要です。
最も世界遺産などを周るつもりなら、その遺跡の歴史的な意義や役割などを知っておくこととは相当重要なのです。
やはり、アクセスするためのルートや見どころなども忘れてはなりません。
マチュピチュはペルーにある世界遺産です。
インカ帝国の都市が一気に残されているのです。
インカ帝国はスペイン人によって滅ぼされたのですが、山裾からは存在がわからないマチュピチュは発見罹ることもなく20世紀初頭を迎えたのです。
最初にアメリカの歴史学者であるビンガムが認識と言われています。
実際には当時の農園主が認識と考えられています。
それはともいいのですが、インカの人々が何でこのようなところに都市を築いたのかについては、今日も謎としています。
また、都市を作っている石造りの方法も精巧な技術を使ってあり、当時の技術が非常に際立つものであったことを教えていただける。
マチュピチュに関する資料はたくさんあります。
また、映像であればNHKのDVDがあります。
皆を魅了してしまうマチュピチュですが、本当に自分の目で見分けるためにはかなりの長旅を覚悟しなければなりません。
飛行機や列車、バスなどを乗り継ぐ必要があるのです。
南米ですから当たり前ですね。
外国旅行に行くのがはじめてであっても、ツアーに参加しておけば宿泊などは心配ありませんね。
後は、その遺跡を目としてどれぐらい感動できるかでしょうか。
その歴史を知っておけば再度感慨深いことでしょう。

マチュピチュを学ぶ

私たちは先人が残してくれたものに対して何を学ぶのでしょうか。
歴史は増やすとよく言いますが、何も学べていないのでしょうか。
マチュピチュという世界遺産を知っている人はたくさんいるでしょう。
名前は知らなくても、インカ帝国の空中都市と言えば写真などを見たことがあるかもしれません。
多くの旅行スキにとって憧れであるマチュピチュにあなたも行ってみませんか。
また、実際の土地を見なくても映像や資料でその存在意義をわかることができます。
私たちは彼らが作った都市を見て、学ぶことがあるのです。
勿論、一般の人にとって石造りの技術や太陽崇拝のための方法などは何の意味もないでしょう。
但し、当時の一般人の生活がどのようであったのか、空中都市の生活はどうして維持されていたのかを分かることは、今の生活を振り返って見るチャンスとなるでしょう。
ペルーのインカ帝国と現代の生活を比べても意味はありません。
そうではなく、大自然の中の生活と近代的生活の質を考えるのです。
世界遺産を見て、ただただ驚嘆するのではなく、そこから学ばなければなりません。
皆たちがマチュピチュを見て、感激しています。
あなたもだいたいおんなじでしょう。
すなおに驚嘆ならば、それを自分の生活のイメージとしてみませんか。
無論、当時の不便な生活をしてみようということではありません。
日々の生活で忘れてしまっていることがあるのではないかと問いかけることです。
マチュピチュの人々は空中都市で幸せな日々を送っていたのだと思いますよ。

マチュピチュの地図


マチュピチュは700人ぐらいが生活していた天空都市と考えられています。
ペルーにあるインカ帝国の都市なのです。
現代では世界遺産に登録されてあり、世界中から観光客が訪れています。
マチュピチュ遺跡の全体を引っかかるのであれば地図を見てみるとよいでしょう。
観光ルートが設定されており、それを一周することができます。
マチュピチュは山の頂に作られた都市ですが、町の中は精巧に作られた石造りの都市となっています。
雨が降っても、その雨は水路を流れて下段の畑へと導かれています。
南米のアンデス山脈ですから、雨季にはかなりの雨が降ります。
そうして乾季になれば雨は少なくなるのです。
そういう気象にOK持ちこたえるだけの構造を有する都市なのです。
山頂にあるのですから、自然の風雨に曝され続けてきたのです。
当時のインカ帝国の石造り技術は最高級のものではなかったのでしょうか。
現代でも十分通用する精密な作り方なのです。
これを当時の人々がどうして作ったのかは、謎の一つとなっています。
マチュピチュ遺跡には太陽崇拝のための神殿や、日時計、観測のための神殿などがあります。
それぞれのことは詳しい資料があるでしょう。
NHKの世界遺産の映像もマチュピチュをわかることができます。
旅行で現地までいけないと考えるのであれば、映像で楽しむこともいいですね。
マチュピチュ遺跡においては水汲み場が現代も機能しています。
水源はどこから来ているのか、解明されていないのです。
マチュピチュ遺跡は現代も研究の対象となっているのです。