マチュピチュの景色


アンデス山脈の中にあるインカ帝国の都市、マチュピチュを知っていますか。
たくさんの観光客が訪れる観光地となっています。
そこから見極める景色は壮大な山並みです。
断崖の上に建てられた都市ですから、天空都市と呼べるのでしょう。
本当に観光に行った人のブログやホームページなどを読んでみませんか。
景色はいいのだけれど、高度が厳しいために空気がないのだそうです。
慣れないと体力的に痛いようですね。
マチュピチュもののところはできれば若いときに訪れたいものですね。
写真や映像で探るマチュピチュはとてもエラいものです。
日本からであれば南米までの旅というだけでも、ちょい敬遠して仕舞う人もいるかもしれません。
それは人それぞれだから、仕方ありませんね。
世界遺産は世界中にあるのですが、ペルーなどの南米に多くの遺跡が存在しています。
ペルーの人たちは如何なる生活をしていたのでしょうか。
もやがかかったマチュピチュもいいですし、朝日にきらめくマチュピチュはもっといいのです。
このようなところに都市を作ったインカ人の思いを多少なりとも理解できたならば、なので良しとするでしょう。
マチュピチュ遺跡のことは現代も多くの謎に包まれていると言われています。
そうしてそれを解明するために研究が行われているのです。
マチュピチュの観光は大体2時間程度あればいいようです。
仮に、あなたがマチュピチュ観光に行くのであれば黙々と見てください。

マチュピチュを考える

天空の城ラピュタのモデルとなったマチュピチュ遺跡のことを紹介ください。
インカ帝国の都市として、多分完全な形で残るものです。
世界遺産に登録されてあり、世界中から多くの観光客が訪れています。
インターネットで検索してみると、たくさんの日本人観光客もいるようですね。
南米は日本から相当遠くにありますが、一度は行ってみたいとしている人が多いのでしょう。
インカ帝国はスペイン人によって滅ぼされてしまいました。
多くの都市が破壊されたのです。
その中で、マチュピチュは山裾からその存在を分かることができないために、残るのだと考えられます。
貴重な遺跡なのです。
20世紀初頭にアメリカの歴史学者ビンガムが察知と言われています。
その後の発掘によって多くことがわかってきました。
ただし、マチュピチュには未だに謎として残っていることもあります。
当時の技術がどのようなものであったのかを知る貴重な遺跡とも言えるのです。
私たちはマチュピチュ遺跡から何を学ぶのでしょう。
現地の人は普通に生活しているのですが、日本人などの観光客には生活していくことが非常に恐ろしいような高山です。
こうした山の頂に都市があるのです。
太陽というところを選んだのでしょうか。
そうしたら、マチュピチュ遺跡に存在する水路は精巧に作られています。
現代も水飲み場として活用できるのです。
長年の風雨にも耐えて、現代に存在している都市は、それなりの理由があるということでしょう。
建築技術の素晴らしさは現代も参考にすべきものでしょう。

マチュピチュとペルーの歴史


歴史のことに詳しい人ならば、マチュピチュ遺跡は知っているでしょう。
天空都市とも呼ばれているところです。
断崖の上に建てられた石造りの都市です。
山裾からは隠れたような位置にありますから、インカ帝国を亡ぼしたスペイン人にも有名なことがなかったのです。
1900年代初頭に発見受けるまでは、誰も足を踏み入れない都市として静かに佇んでいたのでしょう。
発見されてから発掘が行われています。
それによってインカ帝国の生活がたくさんわかってきました。
ここをまわる観光客はたくさんいますが、誰もが感無量のようです。
壮大なスケールなのです。
アンデス山脈の中にあり、断崖に囲まれた都市は自然の要塞ともなっています。
本当にここで生活していた人たちは、穏やかな暮らしをしていたと考えられます。
畑を耕しながら生活をしていたのです。
水路が巧妙に作られてあり、畑を潤していたようです。
太陽というところで太陽を崇拝するための儀式なども行われていたのでしょう。
最初に発見された時折生け贄を差上げるための施設と考えられていました。
ただし、現代ではそんな施設ではなく、太陽を観測するためのものであったという説が一般的です。
古代人だからと言って野蛮であるという誤った認識があったからでしょう。
マチュピチュの研究は現代も継続されていますが、まだ多くの謎に包まれているのです。
世界遺産として多くの観光客が巡るのですが、古代の歴史へのロマンが魅力なのでしょう。
映像を探るだけでは済まなくなった人が、いつかは訪れたいとしているのです。