マチュピチュとは


マチュピチュを知っていますか。
ペルーにあるインカ帝国の遺跡です。
現在では世界遺産に登録されている貴重なものです。
インカ帝国の施設の多くはスペイン人によって破壊されました。
その中で全然無傷で残っているのが、マチュピチュなのです。
山の頂にあり、山裾からはその存在が隠されているのです。
マチュピチュの存在は、神官たちの儀式を行うための施設であったと長い間考えられてきました。
そこでは処女たちが生け贄として捧げられたと考えられていたのです。
ただし、近年の研究によって、それは大きく違っていることがわかってきました。
マチュピチュは東西が断崖になっているために太陽の動きを解ることのできる絶好の場所であったのです。
つまり、太陽の観測を通していたのです。
そういう解釈をすると、すべての施設の謎が解けてきたのです。
生け贄をささげるための台座は日時計としての役割を果たしていました。
また、神殿に開けられた窓は冬至と夏至を区別することができるものでした。
当時のインカ帝国では太陽を崇拝しており、太陽の動きを研究して暦を作成していたのだそうです。
また、遺跡から発掘されたさまざまな道具類や骨を調査したところ、王族のものではなく公衆のものであることがわかったのです。
王族がこの都市で支配していたのではなく、召使たちの家族が暮らしていたのだと言います。
また、マチュピチュにいた人口はそれほど手広くなく、約700人程度であったと推定されています。
まったく、すべての謎が解明されたわけではありません。
これからも新たな発見があることでしょう。

マチュピチュの特徴

世界遺産には世界中の重要な遺跡が含まれています。
その中においてペルーのマチュピチュがあります。
マチュピチュは空中都市とか失われた都市とも呼ばれている遺跡です。
東西が断崖となっている山の頂にマチュピチュの都市が建設されました。
どのようにして、何のために作られたのかは長い間謎でした。
最初の発見者であるビンガムによってなされた解釈が、長い間マチュピチュ研究の進歩を妨げてきたと言われています。
本当にその解釈の多くは間違いでした。
但し、マチュピチュを皆に紹介し、詳細な発掘を行った業績は無駄ではありませんでした。
その後に続いた研究者によって、それぞれの建造ものが新たな意味を与えられました。
現代では世界遺産の中それでも一大遺跡となっています。
マチュピチュはインカ帝国の遺跡として、唯一残るものと考えてもいいでしょう。
その特徴から、多くのことがわかってきました。
彼らの生活や石積みの技術などです。
また、他の地域との交流によって伝えられたと考えられるものもたくさん発見されています。
でも、すべての謎がわかっているわけではありません。
現代も研究されていることはあるのです。
スペイン人によって略奪変わることを怯えたインカの住民が焼き払った跡が地下から発見されたという説も出てきています。
当時の人々がいかなる生活をしてあり、マチュピチュがいかなる役割を果たしていたのかが、やがてわかってきたのです。
500年もの長い間、良好な状態で保存できたことからもその技術力の高さが出向けるのです。

マチュピチュを知る


マチュピチュのよさは実際に行った人しかわからないのかもしれません。
やはり、マチュピチュをわかるにはビジュアルファンブックや世界遺産の本を確かめることである程度の知識は得ることができます。
ただし、このようなところになぜ昔の人が都市を作ろうと考えたのか、どうして作ったのかっていうことはわかりません。
実際のマチュピチュに立って、太陽を眺めていれば頷けるのかも知れません。
インカ帝国の人が、侵略者から続けるために作った都市ではないことは研究の結果からわかっていることです。
太陽の恵みを受けようと考えた情熱がこの都市を作ったのかもしれません。
弊社ヒューマンにはなかなか想像できないことなのでしょう。
マチュピチュから私たちはいかなることを学ぶのでしょうか。
ヒューマンでもできないような石造りの壁は、現代も謎の一つとしています。
あなたも世界遺産の旅に出かけるチャンスがあれば、マチュピチュを訪れて下さい。
必ずや何かを感じることができるはずです。
多くの研究者が各種形で研究を進めた結果、この都市の目的とそこに暮らしていた自身の様子が頷けるようになってきました。
但し、本当のところはこのマチュピチュに立つまでわからないでしょう。
その景色を探ることによって、感覚的に理解できることがあるのです。
インターネットを検索すれば、日の出の映像なども見分けることができます。
映像や写真だけで満足する人はそれでもかまいません。
本当のマチュピチュを理解したいのであれば、現地を訪れて下さい。
それが一番なのです。