世界遺産マチュピチュ


マチュピチュとはペルーにあるインカ帝国の都市です。
空中都市として有名な遺跡です。
当時の人々が如何なる方法でこの都市を建造したのかといったことが、現代も謎として残されています。
発見されたのは1911年のことです。
発見者であるビンガムはマチュピチュの存在の意味について、大きな誤解を通じていました。
そのために、インカ帝国におけるマチュピチュが特別なものとして認識されてきたのです。
近年になって、その間違いは訂正されてきています。
マチュピチュは太陽を崇拝していたインカの人々のための別荘であったと言われています。
太陽というところで、太陽を観測することができる施設としてマチュピチュが建造されたと考えられています。
如何なる意味を持たせたとしても、世界遺産としての価値が揺らぐことはありません。
マチュピチュの石造りは正確に積み上げられたものです。
巨石をどのようにして、寸分の狂いもなく重ねることができたのでしょうか。
また、その岩はどこから運んできたのでしょうか。
500年もの間風雨に曝されながらも、残っていたのは、その建造技術によるところが大きいと言われています。
現代のマチュピチュは観光施設として、多くの人々が訪れています。
興味がある人はひと度自分の目で見てみるとよいでしょう。
周りの山から隔離されたような都市が作られていたことだけでも、大いなる人間の技を感じるのではないでしょうか。
マチュピチュになる朝日は幻想的でさえあります。
標高3000メートル弱の山の頂上にある都市は空中都市にふさわしい存在なのです。

ペルーのマチュピチュ

ペルーには様々な遺跡が存在しています。
インカ帝国は誰でもが知っているでしょう。
その中けれどもマチュピチュは空中都市として有名なのです。
日本人には天空の城ラピュタのモデルとなった遺跡ということで知っている人が多いのです。
実際にマチュピチュを訪れて見る機会があれば、行ってみたいものです。
現代のマチュピチュは観光施設として、アクセスすることは特に難しくありません。
毎年多くの人々が訪れているのです。
マチュピチュの近くまで観光バスが走っていますし、ふもとの村にはホテルなどがあるのです。
マチュピチュという名前はその町全体を指しているようです。
実際の遺跡はマチュピチュの中の山頂部分だけです。
この遺跡は当時の王族の別荘であったと考えられています。
そこでは太陽を敬するための儀式が行われていましたが、太陽を観測するための施設もあったのです。
発見当時は生け贄のための台座と考えられていたものが、本当は日時計として使われていたものであることがわかっています。
アメリカの歴史学者ビンガムの発見と大きな誤解は、マチュピチュ発見の歴史の中で有名なことになっています。
それほどに、マチュピチュが異様な遺跡であったのでしょう。
インカ帝国の遺跡としては、完全な形で残っている数乏しいものになります。
現代もその建造方法などは謎が多いようです。
いつかペルーを旅することができたならば、マチュピチュを訪れてみて下さい。
写真や映像で見るだけではなく、実際の地に立つことによって見受けることも多いでしょう。

マチュピチュと世界遺産リスト


世界遺産としてマチュピチュは有名な遺跡です。
ペルーの山に存在する空中都市なのです。
その建造方法は現代も謎の一つと考えられています。
ペルーなどには世界遺産リストに挙げられている遺跡が数多くあります。
それらを旅する旅行ツアーもたくさんあるようです。
費用と時間に余裕があるのであれば、初めてのほほんと旅行を楽しんでみたいものです。
マチュピチュは山頂にありますが、その麓の村までの移動はきちんと難しくありません。
観光客相手の宿屋なども十分にあります。
マチュピチュ遺跡そのものは堅牢な石造りのため、長い間の風雨もびくとも止めるものです。
逆に現代の通りの方が豪雨などでない面をさらけ出しているという状況なのです。
世界遺産リストに挙げられている遺跡は世界中にありますが、その多くは建造方法に謎が多いようです。
現代の技術を持っても考えることが耐え難いものが多いのです。
世界遺産のビデオがありますが、それを探るだけでも壮大なスケールの遺跡であることがわかります。
マチュピチュ遺跡の特徴は岩で作られた都市であることです。
水路が張り巡らされた都市の内部は長年の風雨もびくともしないのです。
寸分の狂いもない石壁は多くの建築家の謎として未だに解明されていません。
山の麓からは通うことができない位置に存在していたため、スペイン人の略奪から守られていました。
インカ帝国を分かる重要な遺跡として残されているのです。
太陽を崇拝していたインカ帝国の人々にとって、マチュピチュは重要な都市であったと考えられています。