同心円状の見やすい席、見にくい席


同心円状のプラネタリウムに関しても、扇形とさほど大きな違いはありません。
座席を選ぶ時折投影機の近くはからきしお進めできない、という点も同じです。
おおよそは同じですが、やっぱ形が違えば多少の差は出てきます。
同心円状のプラネタリウムのメリットは、全ての席が真ん中に向いているため壁際があまり気にならないという点です。
左右におけるゆがみもなく、見やすい環境といえます。
しかし、同心円状のプラネタリウムには、前方側の席が扇形以上に見にくいというウイークポイントがあります。
南の空を背として仕舞うために、季節の星座や映像が扇形以上に見にくくなってしまうのです。
リクライニングではありますが、自身の頭の真後ろにある映像を探るためには体を後ろにひねらなければならず、ちょっと難しいです。
そのため、同心円状のプラネタリウムでは、なるべく後方の座席に腰掛けるようにしましょう。
もしも後方が埋まっている場合は、左右の席も問題はありません。
後方だと映像が見にくいという問題はあるものの、同心円状の座席配置ではそれ以外のデメリットはあまりありません。
大いに人気のプラネタリウムでない場合は、殊に大きな問題とはならないでしょう。
かえって、星空を眺めるという観点でいえば、扇形以上にリラックス出来る環境ともいえます。
そのため、大して玄人向きの座席配置もあるのです。
とはいえ、同心円状の座席配置は近年減少傾向にあるため、わざわざ探すとなると幾らか苦労するかもしれません。

傾斜型の見やすい席、見にくい席

通常の水平型プラネタリウムと違い、傾斜型のプラネタリウムは見やすい席が多いといわれています。
傾斜型のプラネタリウムは、ドーム全体の座席が南向きに配置されています。
それにより、そちら側を映画のスクリーンとしているプラネタリウムの南の空が見にくいという大きな気掛かりを解消し、さほど見やすい配置になっているというメリットがあります。
傾斜型のプラネタリウムの気掛かりは、傾斜によって下り坂になっているために、歩いている途中でわずか身体のバランスをくずし易いという点でしょうか。
といっても、たいしてキツい傾斜にななっていないので気にするほどではないのですが、お年寄りの方などは注意が必要かもしれません。
また、傾斜の下側、つまり前方の座席の場合は、あまり下に赴き過ぎるとまだまだ見にくく罹るため、最前方より僅か手前くらいの座席を選んだほうが良いでしょう。
傾斜型のプラネタリウムでは、星空が目線の下にまで映し出され、かなりの迫力があります。
自分が実に宇宙の中に漂っているような感覚で、星空を確かめることが出来るのです。
これは、実に星空を見る以上にダイナミック更にスリリングな映像です。
その反面、ドームの下側に腰掛けると、目の前に地上の風景が一面に広がってしまい、メリットを決して受けられなくなるため、座席選びの際は注意しましょう。
こういった点もあり、傾斜型のドームでは、後方、あるいは中央よりしばらく後方くらいの席がお進めです。
なるたけ後ろ側の席を確保しましょう。

プラネタリウムの番組


プラネタリウム最大の見所は、星空をモチーフとして作成された番組を見ることです。
プラネタリウムを敬遠している人は、プラネタリウムは星空を表すだけのもの、という先入観を持っている場合が多いのではないでしょうか。
そのため、暇、退屈という印象があり、足を運ぶことを拒んでいる人も多いことでしょう。
ですが実際にはそういったことは無く、プラネタリウムは色々な楽しみ方が出来るような娯楽施設になっているのです。
プラネタリウムは、ある意味映画館と同じです。
時間によってプログラムが区切られてあり、そのタイムスケジュールどおりに番組が公開されています。
なにも、ただ星空だけを映しているわけではありません。
映画や解説番組など、それこそ劇場で探るような感覚で映像を楽しめます。
プラネタリウムの番組は、実にバリエーション豊かです。
たとえば、天体に関する化学的検証や解説を立ち向かう内容のかなりお堅い番組もあれば、天体をモチーフとしたアニメなどもあります。
従って、純粋に天体に関して勉強したい人も、星空に子供を触れさせたい人も、両方味わえるような施設になっているのです。
しかし、番組はそのプラネタリウム施設によってことなるため、お先にタイムスケジュールを確認しておきましょう。
プラネタリウムの楽しみとして、特別番組があります。
これは、通常のタイムスケジュールと異なり、なんらかの特色を出した別の番組を公開するというものです。
妊婦向けや視覚障害者向けなど、様々な人達をターゲットにした特別番組が組まれている所もあるので、自分に当てはまる番組を探してみてはいかがでしょう。