桜の名所と歴史

日本には桜の名所と呼ばれるところはどこも歴史があります。
やはり、江戸時世から桜の名所だったところは限られていますが、明治や大正のころから桜が整備されてきた辺りもあるのです。
関東の名所の情報をチェックする時折、これらの歴史を見比べてみるといいかもしれません。
ただ、古臭いところがいいという単純なことではありません。
古ければ、多くの混雑に配慮されていない場所も多い結果、陽気の日曜日は大にぎわいとなるからです。
それよりも都会の真中における細い公園で各種イベントが行われている場合もあります。
名所とは言えないのかもしれませんが、十分に桜を楽しめるはずです。
茨城県内における城跡歴史公園はたくさんの桜があるわけではないのですが、城跡に桜を整備した公園となっています。
昔からあった城を感じることができるでしょう。
名所と呼ばれる場所よりも近所のやつが花見をする程度のスポットの方が、ゆっくりと桜を楽しめるのかもしれません。
関東だけがにぎわいになるわけではありません。
その他の地域それでも、桜の陽気になると車で渋滞しています。
逆に地方の方が、車で行くことを基準としたづくりになっていることが多い結果、渋滞が激しくなるのです。
歴史を感じながら桜を見ると、おんなじ花も別の見識ができるかもしれません。
例年、自分の年齢を考えながら、桜外出を通じてはどうでしょうか。
初々しいころの桜と今の桜は同じでも、それを見分ける気持ちは違うのです。