出会いカフェ


「出会いカフェ」とは「出会い喫茶」とも言われています。
店内には男性用と女性用のスペースが区分されていて真ん中にはマジックミラーがあります。
店内に入ると男性も女性も簡単なプロフィールを記入します。
男性側は来店している女性たちのプロフィールを読み、次にマジックミラーを見てから女性を選んでいきます。
マジックミラーなので、女性側からは男性たちを見分けることはできません。
男性が女性を選び、女性が同意すると別室で話をすることができます。
話をして合意すると二人でお店の外へいくことができます。
出会いカフェの利用料は、女性が無料で男性が入店料を払い、デートが成立したらますます同伴退出料を支払わなければいけない仕組みとなっています。
建前上、交渉には店側は一切関与しません。
男性側は交際費として女性に数千円から数万円を払うのが一般的です。
お金を支払っているので売春行為になりますが、女性とお店側が契約しているわけではありませんし、男女間の話し合いにお店側は関与していないから売春防止法をすり抜けています。
出会いカフェは全国に100店以上あります。
出会いカフェでは、「さくら」は全く存在しません。
有料の男女が会う場として提供されています。
簡単に言うとお店にお金を払ってナンパする場所を借りているといった感じになると思います。
出会い系サイトなどとの違いは、出会いカフェでは女性に確実に逢うことができる点です。
出会いの効率が高いため、近年人気が出ています。
悪質な出会いカフェもありますから、二度と利用には気をつけて優良な出会いカフェを利用するようにしてください。

声優カフェ

「アニメの声優さん」という職業に憧れたことがある人は多いと思います。
プロの声優さんのセリフ読みを実際に間近で体験することが出来るカフェがあります。
それが「声優カフェ」です。
2011年7月に東京の秋葉原にオープンした「声優カフェ」を紹介します。
秋葉原などで人気となった変装系のメイド喫茶とは違って、店員であるプロの声優さんが実際にセリフを読んでいただける。
しかも1パターンだけではなく何パターンもあって、その中のいくつかを訊くことができます。
声優カフェの店員はすべてプロの声優さんです。
近年、声優への注目度が高まっている中、声優のイベントも数多く開催されていて、何万もの人がイベントへ訪れています。
この人気に注目して声優カフェをオープンしたそうです。
そうしたらそれほど声優カフェを出した目的があります。
それは声優の世界はある程度実力を認められた人だけが、いくつもの役をかけもちしていて成功者と生まれ変われる世界です。
そのため実力はあるのにどうもチャンスに恵まれていない声優もたくさんいます。
こういう人たちにセリフを人前でよむ場を提供しようと考えた声優さんが店長となってお店をオープンしたのです。
本当の声優さんのセリフ読みを間近で見たいという自分も多いはずだと考えてこれらの要望がかしこくかみ合って誕生したのです。
最近は、声優の声で時報を知らせてもらえるシステムや声優の声と画像で1分ごとに時報を知らせて受け取るもの、古典文学の読み聞かせなど声優業務が増えています。

メイドカフェ


東京の秋葉原発祥としているのが「メイドカフェ」です。
その名の通り、スタッフがメイドさんという設定で、ういういしい女の子がメイド服を着て接客できるカフェです。
メイドと「御主人さま」という設定で、メイドカフェを訪れると「いらっしゃいませ」ではなく、「おかえりなさいませ御主人さま」ともたらしいれます。
おたくの世界で思い切り人気がある「メイド」を現実世界に誕生させた画期的なカフェです。
メイドカフェでは、メイド服を着て接客できることは無論、店内装飾にも凝っています。
また独特な接客方法、演技力を必要とする挨拶などが特徴的です。
主な接客としてはコーヒーを注文した場合、コーヒーの中にミルクや砂糖を入れてくれてかき混ぜてくれる。
オムライスを注文した場合には卵の上にケチャップを通じてイラストやメッセージを書いて得ることもあります。
もっと通いつめて馴染みになると、一緒にポラロイド写真やプリクラなどを撮ることができます。
中にはテレビゲームやトランプなどで一緒に遊んでもらえるメイドカフェもあります。
そうして戻りには「いってらっしゃいませ、御主人さま」といって見送ってくれる。
日本ではオタク文化や萌えといった現象が2004年ごろから行き渡り始めて、メイドカフェはその象徴的存在として人気がでました。
但し中には違法行為を行う店もありいくつか摘発された店もありました。
たとえば出稼ぎで日本にやってきている中国人女性をつぎ込み風俗まがいのことやマッサージをさせていた店が摘発されました。