城跡と赤い紅葉


城跡と紅葉の組み合わせも情緒たっぷり。
秋田にも城跡と共に味わえるスポットがあります。
それが、秋田市にある【久保田城跡】。
今は、その跡地に【千秋公園】が作られてあり人々の憩いの場となっています。
桜の名所としても知られている公園です。
久保田城は、267年・12代にわたって久保田藩を治めた佐竹氏が住まっていた城。
自然の大地を賢く利用し、天守閣や石垣をもたない平地に築かれた城という特徴があります。
その久保田城の本丸と二の丸の一帯にあった場所に公園が作られています。
因みに、三の丸があった場所には県民会館や図書館・美術館などが建てられてあり、市民にとって身近な空間として活用されているそうです。
千秋公園の由来は、秋田県の”秋”と、長久(長く貫くに関して)の意がある”千”からとったもので、末永く豊かに栄えていくように祈られたものと伝えられているのだとか。
素敵な由来です。
千秋公園の中は緑が多く、そして秋には桜やカツラ・シナノキなどの紅葉を楽しむ事ができます。
そうして、その紅葉と共に見る事が出来る久保田城跡が、復元された本丸表門です。
公園内には様々な場所で黄色や赤といった紅葉を眺める事ができますが、ここの表門前には赤の紅葉が待ち構えています。
その史跡とのコントラスとは鮮やかで美しい景色です。
11月上旬ころに、園内の様々なところで紅葉を楽しむ事ができます。
秋田駅からも間近い千秋公園。徒歩で気軽に立ち寄れるスポットです。
歴史に思いを馳せながら紅葉鑑賞に出掛けてみませんか。

秋の味覚狩りはここにあります! その1 鹿角市編


目で楽しむなら紅葉狩りで。
そうして舌で楽しむなら自分でもいで食する味覚狩りを。
秋は食欲の秋。
美味しいものが沢山あります。
秋田もリンゴや梨、キノコの味覚狩りができます。
雨もOKな果樹園もあるので、旅のルートという場所があったらぶらりと寄ってみませんか?
第1弾は秋田県鹿角市内にある味覚狩りです。
とも9月中旬ころから11月上旬ころまで楽しむ事ができます。
【山麓園】
山麓園は、国道103号沿い・十和田湖という場所にあります。
ここの味覚狩りはリンゴです。
種類も王林やサンつがる、ジョナゴールドなどが植わってあり、1個200円で数種類のりんごからスキなりんごを抜き取る事が出来ます。
地方発送も可能それで、旅行のお土産にも最適。
11月上旬まではイワナやニジマスの釣りも楽しめる場所があったり食堂もあります。
予約は不要です。
営業時間:9:00~17:00(リンゴ狩りは16:00まで)
定休日:不定休なので、事前に確認してから向かわれるのがベストです。
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字白沢92-5
テレフォン:0186-37-3568
【りんごの里 平塚果樹園】
名前の通り、こちらもリンゴ狩りを楽しむ事ができます。
十和田南駅から車で20分程の場所にあります。
こちらのもぎとりでは、2個までと限定のもぎとり体験になってあり、事前に問い合わせをして予約する事が必要です。
殊更、予約が16時以降と遅くなる場合には、当日の速い時間に問い合わせをして、確認する事が必要ですので注意してください。
種類は、ジョナゴールドやふじなどがあります。
売店では、リンゴジュースの試飲が出来たり、特製りんごシャーベットが好評で、後味さわやか味が人気です。
営業時間:8:00~16:30
定休日:期間中は無休です
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字箒畑105-1
テレフォン:0186-37-3997

秋の味覚狩りはここにあります! その2 潟上市編


続いては、潟上市にある味覚狩りです。
潟上市にも2か所の果もの狩りが楽しめる果樹園・農園があります。
【加賀谷果樹園】
ここの果樹園は様々な果ものを狩る事ができ、ちっちゃなお子さんも可能です。
また、ビニールハウスが設置されている場所が一部あるので、ぶどうと梨の2か所では雨も果もの狩りを楽しむ事ができます。
扱っている果ものは、ぶどう・りんご・無し・キウイです。
有機ものをつかった完熟栽培を通じてあり、物珍しい品種も植えられている、農林大臣賞受賞園なので普段食べた事のない品種を食してみたい方はこちらがおススメ。
入園料は無料で、もぎとった分を買い付ける形です。
1㎏400円~1000円と果ものによって変わります。
9月上旬から始まり10月中旬ころまで。りんごは11月中旬ころまで楽しめます。
但し、キウイは11月の3日間程度と甚だ少ない期間それで問い合わせて開催日を確認してくださいね。
営業時間:9:00~17:00(キウイのみ15:00まで)
定休日:期間中は無休です。
住所:秋田県潟上市天王下出戸1-1
テレフォン:018-878-3053
【加賀谷農園】
こちらももぎ取った分を買い求める形で、1㎏300円~700円です。
ぶどうと梨の果もの狩りを楽しむ事が出来ます。
大型のバスも駐車できる観光農園ですので、広々とした空間で大勢で向かう際には最も適した場所になっています。
予約は基本不要なのですが、団体で向かう場合には必要です。
8月下旬から摘み取る事ができ、10月中旬ころまで楽しむ事ができます。
営業時間:9:00~17:00
定休日:期間中は無休です。
住所:秋田県潟上市天王字棒沼台254-2
テレフォン:018-878-2279

秋の味覚狩りはここにあります! その3 北秋田市編


最後に紹介する味覚狩りは、北秋田市にあります。
こちらの味覚狩りは、果ものではなくキノコ。
キノコといっても沢山の種類がありますが、誠に、こちらの北秋田市にある施設はナメコの収穫体験ができちゃいます!
ちょっと物珍しい体験ですよね。
果もの狩りはなぁ・・・と違った刺激を求めている方にはうってつけ!!
無論、ナメコがスキな方にははなはだおススメな味覚狩りです。
【妖精の森コテージラウル】
妖精の森は森吉山麓にあり、北欧風のコテージや山荘、キャンプ場などの様々なタイプのホテルを利用する事ができしまう。
また、冬以外の春・夏・秋の3つの季節ではアウトドアスポーツも用意されてあり、友だち同士から家族旅行と年齢問わずに喜べる施設です。
ペット同伴での宿泊が可能なタイプもありますよ。
そうしてナメコ。
ここには、天然ナメコと同等のナメコをホダの木を通じて約1万本、原木栽培しています。
均等に切られたホダの木が斜面にそってきれいに列を作り置かれてあり、近づいてみると、「これけれどもか!!」というくらいに最適ナメコがにょきにょきと育っています。
よく都内で見るようなちっちゃなナメコではなく、かさもしっかりとある食べ応えのあるナメコ。
食べれば、大満足間違い無しのナメコの収穫が出来ます。
10月上旬から11月上旬ころまで楽しむ事が出来ますが、普通形で育てている為に収穫できない場合があります。
ですので、予約をするのがおススメです。
営業時間:10:00~14:00
定休日:基本期間中は無休ですが、なめこの生育の状態により異なりますので、問い合わせて確認する事をおススメします。
住所:秋田県北秋田市森吉森吉高原内
携帯:0186-76-2107