井伊直政と大河ドラマ


豊臣秀吉が天下を取ってから、徳川家康に変わるまでの間にはたくさんの武将たちが活躍しています。
2016年の大河ドラマである真田丸もその時代です。
ただ、徳川家の四天王と呼ばれた井伊直政は真田丸には登場しません。
このことが少し話題となったことがあります。
やはり、徳川家康が主人公の大河ドラマであれば、やはり井伊直政は登場します。
但し、真田幸村が主人公ですから、徳川家の登場人ものは省略されているのです。
ドラマのストーリーを楽しくするとともに、わかりやすい歴史でなければなりませんから、井伊直政が登場しないことは仕方弱いのかもしれません。
ただ、歴史書を読めば井伊直政は間違いなく登場しますから、歴史的に見るとその迫力は大きかったでしょう。
インターネットで調べてみるとたくさんの情報があります。
徳川家に忠義を尽くした家臣として、重要な武将だったのです。
戦いの場面でも重要でしたが、政治の場面も家臣としてなんとも才能を発揮したと言われています。
井伊の赤鬼と異名を取ったことはよく知られてあり、兜や鎧を赤に染めて、赤備えが独自だったはずです。
当時の武将たちは自分の旗を目印としていましたが、井伊直政は赤色が目印になっていたのです。
井伊直政の死後、嫡男が同じように赤備えを通じている場面が大河ドラマに登場します。
ただ、そのことが知る人ははたして歴史に詳しい人だけでしょう。
ほとんどの人はインターネットに掲載されている回想ときの解説を読んで初めてわかるのです。

井伊直政の時代


井伊直政が生きた時代はいつころでしょうか。
豊臣秀吉が天下を奪い取り、その後の徳川家康の時代に達するびっちり変革の時代です。
井伊家の当主として徳川家康に仕えて、徳川四天王として徳川家康をしっかりと支えていました。
残念ながら井伊直政は徳川家康が豊臣家をなぎ倒した時折亡くなっていました。
ただ、徳川家康にとって重要な家臣であったことは間違いないでしょう。
歴史の流れを紐解くら、一番有名な大将のことばかりを学校で習いますから、自ら歴史を変えたようなイメージを持っている人が少なくありません。
ただし、井伊直弼が徳川幕府に貢献していることは間違いありませんし、仮に、いなかった場合には時代が変わっている可能性もあります。
日本の歴史だけではなく、世界の歴史について関心を持っている人は少なくありません。
ただし、皆は激しく小さく学んでいきます。
それがうれしいからでしょう。
断じて乏しいことではありません。
自分が関心を持っている時代や人ものをきつく分かることで、新しい発見もあるはずです。
井伊直政を知る人は限られていますが、ひと度知ってしまうと再度深くわかりたく上ることでしょう。
逆に表面的なことだけを知ればいいと想う人もいます。
江戸時代の歴史に関心を持っている人はきっと井伊直政にたどり着いています。
大河ドラマの真田丸を見て、井伊直政が登場しないことに不満を持っているかもしれません。
いずれにしてもあなたが知らない歴史上の人ものはたくさんいるのです。

井伊直政を見極める


歴史に興味があるなら、各種書ものを読んでいることでしょう。
無論、インターネットを利用して分かることもたくさんあります。
今注目したいのは井伊直政です。
井伊直政は江戸時代の始めまで生きた人です。
豊臣秀吉と徳川家康が争っていたころに徳川四天王の独力として書ものに名前が残っています。
生まれた時は父である井伊直親の早死によって、苦難の幼少時代を過ごしたと言われていますが、その後徳川家康に認められて、井伊家復活を成し遂げているのです。
その後は徳川家の家臣として重要な役割を担っていきました。
大阪城が滅んだ時折すでに亡くなってあり、テレビドラマの真田丸では息子が出陣しています。
このような井伊直政ですが、インターネットで検索してみれば各種ことが簡単にわかります。
ただ、表面的な事実だけを調べても意味がありません。
日本史のテストに出題達するわけではないからです。
過去の人ものの生涯を比べることで何がわかってくるのでしょうか。
また、それを解ることで自分が何をしようとしているのでしょうか。
テレビドラマでは歴史上の人ものが登場したとしても、それは一部分なことに過ぎません。
その背景をわかり、今の内面方の参考にすることを考えてみましょう。
人生はおもしろいことばかりではありません。
また、苦難の道ばかりでもありません。
過去から学ぶべきことがたくさんあることを理解しておかなければなりません。
それが歴史を取り調べる意義でしょう。