井伊直政の人もの像


歴史の中で登場する人ものはたくさんいます。
ただ、一丸を知ることは可能ではありません。
それぞれの立場や境遇によって、不幸な生涯を終えた人ものもいれば、運を味方として重要な役割を果たした人ものもいることを知らなければなりません。
井伊直政を知っているでしょうか。
徳川四天王の独自と言われています。
井伊の赤鬼と異名を取ったのは、兜と鎧を赤備えとしていたからですが、武将としての実力もかなりのものであったと言われています。
徳川時代を築く重要な人ものでした。
また、武将としてだけではなく、政治家としての実力もありました。
そのため、徳川家の政策においては各種具申を通しているのでしょう。
当然、歴史の教科書に登場するほどのことはありませんが、実在した人ものであることは間違いないでしょう。
私たちは歴史上の人ものから何を学ぶのでしょうか。
当然ながら、ルーチンや環境、考え方は広く異なっています。
ただ、独自の人間として出来ることはそれほど変わりません。
親を敬い、子を育て、子孫に何かを残していく生涯です。
誰にでもなんらかの才能があるとしている人は多いのですが、自分に何があるかを考えてみましょう。
それが歴史に学ぶということです。
おんなじことをすることは不可能ところが、もの事に対する考え方を覚えましょう。
井伊直政の生涯は詳細な歴史書に書かれています。
インターネットで分かることが出来るのはごく一部に過ぎないのです。
人もの像を知れば、自分と重ね合わせて見ることも出来るでしょう。

井伊直政と武田家


井伊直政のことを聞いたことがあれば赤鬼と異名を取ったことも知っているでしょう。
その理由について紹介ください。
赤鬼と言われていたのは兜や鎧などの道具すべてを赤色に染めていたからです。
赤備えと言われる装備です。
この装備は武田信玄に仕えていた山県昌景の軍団が行っていたものです。
この軍団が勇猛であり戦上手の精鋭であったことは、多くの書ものからわかります。
その後徳川家康が武田信玄に負けた時も赤備えの恐ろしさを体感したのだと言います。
武田家は織田信長に滅ぼされましたが、徳川家康がその家臣たちを井伊直政の家来として召し抱えました。
他家だけの遺臣たちのためにお寺を組み上げるとともに、赤備えを井伊直政が受け継ぐこととなったのです。
勿論、井伊直政と武田信玄が直接会っているわけではありませんが、井伊直政は武田家の際立つところを受け継いでいるのでしょう。
赤鬼として多くの戦で戦い抜きました。
徳川家康の家来として四天王に数えられています。
井伊の赤備えの誕生です。
歴史上の人ものとして井伊直政は有名ですが、歴史の教科書にはいまいち登場しないため、興味を携帯している人以外は知らないのかもしれません。
槍による戦いは飛びぬけて強かったのですが、それだけではなく外交能力も非常に高かったと言われています。
つまり、外交官としての役割を果たしていたのです。
武田家が滅んだのちのちは、井伊直政と武田家の間には直接的な関係はありません。
ただ、赤備えが大きな武器となったのでしょう。

井伊直政の情報


江戸幕府誕生の歴史の中には井伊直政の名前が出てきます。
ただ、学校で習う教科書ではざっと出てきませんから、井伊直政を知らない人も多いでしょう。
井伊直政の情報を分かりたければ、インターネットで検索するといいでしょう。
あんまりたくさんの情報が出てきます。
これは興味を携帯している人が多いからです。
その理由の一つはNHKの大河ドラマで放映されている真田丸です。
そこには井伊直政は登場しませんが、その嫡男が真田丸を攻めるために登場しています。
そこで語られることはマニアだけに聞こえる言葉なのでしょう。
歴史の中で短期間に登場して、すぐに消えて行く人ものはたくさんいます。
井伊直政は割り方長い間、徳川家康の家臣として厚い信頼にあたっていきました。
歴史に登場する人はそれなりの理由があります。
武勇伝がある人もの、忠義を尽くした人などです。
井伊直政は幼少のころから苦難の道を進んできました。
徳川家康に仕えるようになってから、数々の武勇伝だけではなく外交官としての有能な面も携帯していました。
つまり、徳川時代は井伊直政という武将たちがいたからこそ誕生したと言えるでしょう。
歴史の表舞台だけではなく、裏方として重要や仕事を遂げている人ものがいるのです。
多くの情報を得ることによって、歴史ドラマの見方が変わるはずです。
幅広い見方が出来るようになるのです。
人は目新しい情報を得ることで成長出来るのです。
それはいくつになっても同じです。
真田丸の感じ方が変わるでしょう。