井伊直政と徳川幕府


徳川幕府は豊臣家の滅亡から始まります。
その間、たくさんの武将たちが活躍して消えていきました。
勿論、活躍する間もなく戦で亡くなった人ものもいますし、徳川幕府誕生まで徳川家に仕えた家臣たちもいます。
そのセルフが井伊直政です。
正確には井伊直政は豊臣家の最後を見ていません。
但し、その目印である赤備えは嫡男によって、舞台に登場しています。
歴史を学ぶ時に単に年表や人ものの名前だけを感じ取るのでは、はなはだ学んでいるとは言えません。
一つの教材として井伊直政がいかなる武将であり、いかなる働きを通しているかを知ることで、徳川幕府の誕生の秘密が分かるでしょう。
当然、秘密ではありませんが、知らない人の方が多いのです。
歴史書の表舞台で大活躍を通している人だけが歴史を作っているわけではありません。
それよりも、家臣として重要な活躍をした人ものを調べてみる方が歴史の面白さを解ることができます。
徳川家康と井伊直政の関係は大将と家臣でしたが、井伊直政はかなり有能な家臣でした。
歴史の中まずは何が真実かを解ることが重要あり、視点を変えることによってなんとも異なるものになります。
何が正義かは誰にも判断できないのです。
テレビで放映されている歴史ものも別の見方をすることができるでしょう。
何事も強く分かることによって、もっと引っかかるというようになります。
それが趣味なのでしょう。
マニアックな話題が楽しくなるのです。
これからでも歴史を楽しみませんか。

井伊直政と井伊家


井伊直政は井伊直親の嫡男として生まれました。
ただ、当時の井伊直親は井伊直政が幼児の時に横死しています。
その後、井伊直政は徳川家康に召し抱えられることで井伊家復活を果たしています。
彦根藩主となった井伊直政は近江国東部一帯を治めています。
江戸初期から30万石として、譜代大名筆頭格を誇っています。
井伊家がどのように栄えてきたのかをわかりたければ彦根城博もの館に行くことをお勧めします。
そこには井伊家系図があります。
井伊直政は彦根藩での初代藩主ですが、井伊家そのものは今の静岡県浜松市を治めてきました。
当時のことは歴史書として記されていますが、それはあまりにも作り話というため、ほとんど真実味がありません。
ただ、井伊直政が井伊家藩主となってからの歴史はほぼ間違いないと考えられています。
ところで、位が高くても、人ものとして尊敬されている人とそうではない人がいます。
これは当時の歴史が関係していることは間違いありませんが、際立つ人ものと言うのは時代を越えて多くの人が敬いたいというのでしょう。
若い人なら、憧れの人ものなのかもしれません。
学校で習う教科書だけではなく、各種歴史書をよむことによって、そんな人ものに出会うことができるでしょう。
それが読書の楽しみ方かもしれません。
何気無く見ているテレビドラマも、そんな気持ちになることがあります。
井伊直政のことを一層分かりたくなったら、各種ところで情報を収集して下さい。

井伊直政の才覚


戦国時代の武将の中には現代も通用するような考えを所持していた人が少なくありません。
当然、環境が違いますから、おんなじことはできなかったとしても、しっかりとした信念と考え方は現代を通じる弊社にも随分参考になるのです。
さて、こうした自分として井伊直政がいます。
井伊直政は井伊家の嫡男として誕生しましたが、その後様々な苦難に遭います
当時の大名であった徳川家康の目に止まったことから、徳川家の重臣として至極手腕を振るった人ものです。
武将としていの才覚は槍の名手として知られています。
ただ、武術だけではないところが井伊直政の才覚です。
外交官の役割としての面もありました。
徳川家康の家臣として、黒田長政と連絡を取りながら、天下統一へと貢献しているのです。
井伊直政を知らない人が少なくありませんが、彦根藩初代藩主として地域で走らない人がいません。
そんなに地域の発展に貢献したと言えるでしょう。
また、徳川家の歴史書には四天王、三傑として井伊直政の名前が登場します。
各種ところで活躍していたのです。
やはり、時代は豊臣家が滅びようとしている時代であり、徳川家がまだまだ安定していないころです。
井伊直政という武将がいたことによって、江戸時流ができたと言えるでしょう。
多くの武将たちの働きによって、徳川家康は天下を食べることができたのです。
学校で学ぶ歴史では徳川家康が自ら活躍したようなイメージがありますが、それは大きな間違いなのです。