井伊直虎とは


井伊直虎は井伊家の女性当主です。
井伊家に男の世継ぎがいなかったため、婿養子を迎えることになっていたのですが、不遇にも自害させられてしまいます。
なので井伊直虎が井伊家を制することになったのです。
ただ、この話は井伊家伝記と呼ばれている井伊家の歴史を記述した書ものに出ているだけです。
歴史的に真実かと言えば、その確証はありません。
ただ、井伊直虎を主人公とした小説やドラマなどがありますから、注目を集めているのです。
2017年にはNHK大河ドラマで柴咲コウがおんな城主井伊直虎として登場します。
歴史的な事実かどうかよりも、ドラマにあやかって井伊家ゆかりの地が観光客を招く準備を通じているのです。
具体的なゆかりの地は井伊直虎だけではなく、井伊家の墓所などがあります。
井伊家の菩提寺として有名なのは龍潭寺です。
この寺には井伊直虎だけではなく、直政、直親と正室、直盛の墓があります。
静岡県浜松市は2017年にかなり観光客に期待しているでしょう。
そしたら、井伊谷宮は宗良親王を祀った神社となっています。
井伊家の歴史をたどれば、各種歴史上の人ものが出てくるのですが、井伊直虎に直接ゆかりがあるかと言われると、まだまだ無理があるかもしれません。
この神社では水みくじが物珍しいです。
水に塗ると字が浮き出て来る仕組みです。
妙雲寺は井伊直虎が建立したとしているお寺です。
晩年はこの寺で余生を過ごしています。
現在はお寺としては少なく住職もいないため、見学をすることができません。
大河ドラマの効能で発表を期待している人もいます。

井伊直虎と大河ドラマ


井伊直虎を知っている人はどれくらいいるのでしょうか。
歴史の表舞台には登場しない人ものところが、いくつかの書ものに登場しています。
そのゆかりの地と言われるお寺や神社が残されているのです。
井伊家は今の静岡県浜松市に城を構えていました。
当然、当時としては大きな城ではありません。
ゆかりの地として有名なのは龍潭寺です。
ここは井伊家の歴代の墓が置かれているところです。
この中に井伊直虎の名前もあるのです。
日本史の表舞台ではありませんが、井伊家の中まずは大きな役割を担っています。
井伊直虎が女性であったのに、当主となった背景には血筋を退く男がいなかったことがあります。
また、婿養子としてむかえるはずであった井伊直親が夫婦になる前に死んでいます。
このような不幸が重なった井伊家の伝記が井伊直虎を一躍大ものにしたのかもしれません。
勿論、まさに当主になっているのかもしれませんが、史学的にみて確実な証拠は残されていません。
大河ドラマではどのようなストーリーになるのでしょうか。
関連書籍から想像するだけですが、歴史に登場しない分だけ脚本家の思いを自由に込めることができます。
それがドラマとして大きな役割を果たすのです。
毎年、NHK大河ドラマの舞台となった地域は観光客がたくさん訪れます。
それを期待して静岡県や浜松市は準備を通じていることでしょう。
あなたも今から関連の書籍を読んで見るといいでしょう。
どのようなドラマが展開されるのでしょうか。

井伊直虎の生涯


井伊直虎の出生の年月はわかっていません。
関係している人ものの年齢から推測出来るだけです。
ただ、井伊直虎は次郎法師とも呼ばれており、井伊家伝記に登場しています。
実在の人ものかどうかも明確ではありませんが、井伊家ゆかりの地には井伊直虎の墓もあるのです。
井伊家そのものが不遇であったために、その中で結婚しなかった井伊直虎が伝説の人として祀られたのかもしれません。
いずれにしても、ゆかりの地を訪れてみれば、その痕跡を分かることができます。
また小説や歴史書なども出版されてあり、それらを読んで見極めるのもいいでしょう。
2017年の大河ドラマの題材として注目されているため、そのゆかりの地は観光名所になることでしょう。
日本の昔の歴史に注目が集まることはくれぐれも悪賢いことではありません。
実在したかどうかわからない人ものけれども、書籍の中に残っている意味を考えるべきでしょう。
当時の井伊家は当主が自害させられたことなどから、我々にとって身につまされる感情を抱いて仕舞う人も少なくないのでしょう。
ドラマとしては結構燃えることでしょう。
これを機会に実際の井伊直虎が生きていた時代を振り返るとともに、そのゆかりの地を訪れてみてはどうでしょうか。
当時の時代背景は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と時代が大きく変わって出向くころです。
その中で井伊家がどのような立場にあったのかを分かることは、あなたの視点を置き換えることになるかもしれないのです。
井伊直虎が女性であった意味を考えてみましょう。