「よさこい祭り」の昔と今

「よさこい祭り」は、戦後不況の中の昭和29年に、高知県商工会議所を、中心として、経済の復興や場所興しを、願って出現しました。

第1回目に参加したのは、21チームで、参加した人々の数は、750人でしたが、第30回目には、1全ての人以上の踊り手が、参加する大規模なお祭りに成長しました。

さらに、昭和45年には、大阪で開催されたニッポン万国博では、「ニッポンの祭り十選」の1つとして選ばれました。

約50年経った近頃では、よさこい祭りの長所が、ニッポン中に広まり、ニッポン各地で個性あふれるオリジナルのよさこい祭りが、出現し、全国に拡大しています。

特に、東京都原宿、表参道の周辺で開催される「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」については、首都圏では最大級のよさこい祭りです。

さらに、全国の学校などでも、体操として、身体教育に取り入られるほど普及しています。

よさこい祭りは、「鳴子」と言う楽器を、振り鳴らしなが、ら踊るのが、イメージです。

伝統的な鳴子は、木製で朱色に塗られたしゃもじのようなボディに、バチの部位が、黒と黄色に塗られたものですが、近頃では、鳴子も衣装に合わせて、形や色、材質等を、各個でアレンジしているチームが、あらかたです。

衣装についても、昔は、男女ともに浴衣姿で踊っていましたが、時代の流れで踊りが、チェンジするとともに、法被姿が、増加ていきました。

そして、今では、色やデザインが、自由になり、アジア調やエスニック調、ロック調、サンバ調等、バリエーションもいっぱいになっています。

さらに、毎年チームのテーマを、決めて、それに合った衣装を、新調するチームが、いっぱいなっています。

東京で開催される「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい」は、高知のよさこいチームもいっぱい参加し、毎年100を、超えるチームが、全国から参加するので、華やかで躍動感の有るパフォーマンスで盛り上が、ります。