楽しさが、詰まった「ドリーム夜さ来い祭り」

「ドリーム夜さ来い祭り(よさこい祭り)は、ニッポンだけでなくワールド各国でも、開催されており、性別や年齢、国籍関係なく、誰でも、参加することが、出来るお祭りです。

“東京の顔”といえることを、目標にし、全国から大勢のの踊り子の人たちが、参加する、東京でも、最大級規模のよさこい祭りなんです。

ドリーム夜さ来いは、東京お台場で第1回が、開催され、それ以後、市民による手創りのお祭りとして開催を、続け、どんどん規模を、拡大しています。

その後は、会場もお台場だけでなく、有楽町や丸の内でも、おこなわれるようになりました。

又、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの競技会場と同場所になったことによって、ワールド中の人々、体の不自由な人々等、あらゆる人々が、自由に参加することが、出来るお祭りに成ることが、期待されます。

お祭りが、開催される2日間は、お台場会場とフジテレビ会場で、当日に飛び入り参加のチームを、受け付け、本番の直前に講習会を、開いて、よさこいの踊りを、全く知ら無い外国人等も参加出来るようにしています。

又、ヒルトン東京お台場とアクアシティお台場前の会場では、被災地を、支援することを、お目当てに東北の味や全国のおいしい物が、楽しめる物産展が、開かれたり、セントラル広場の周辺では、ワールドのグルメも味わえるフードコーナーも開催されます。

「前夜祭」では、ニッポン版のハロウィンと成るように一般公募から成る和装パレードや、観客の飛び入り参加も出来るな総踊り等もおこなわれます。

この行事には、若干の取り決めが、あって、誰でも、参加は、出来ますが、“和装パレード”と言うことで和風の衣装での参加と成ります。

例えば、着物や浴衣は、もちろんのこと、忍者や侍、巫女さん等を、雰囲気した衣装でも、良いですし、アニメのキャラクターと和風の衣装を、組み合わせた感覚の衣装でも、良いです。

願わくは、ここでしか出来無いような素敵な衣装で参加してみてちょうだい。