北海道の観光地【小樽】

【小樽】
北海道旅行で小樽を訪ねる人は多い事でしょう。
その小樽の中けれども単に有名なのが「小樽運河」ですよね。
長さ1300m、幅40mの埋め立て式運河として大正12年に完成した運河になります。
元々は流通の拠点先として日本経済を支えてきたのですが、戦後には段々と廃れて赴き現在の状態になったと言います。
現在では遊歩道が整備され、運河を散策する人達で溢れています。
ここを歩いていると、木骨石造倉庫は歴史を刻んでいる小樽運河の象徴とも呼べる建ものだが、それが水面に映し出されて情緒あふれる美しい運河になっています。
また小樽運河の脇には色んなお土産屋さんやガラス細工のお店、お寿司屋さん等たくさん有りますので、ぜひ天気がいい日にでも歩いてみてはいかがでしょうか。
【小樽雪あかりの路】
北海道旅行で人気のスポットの小樽には小樽の街を美しく照らしてくれているキャンドルの炎が有ります。
水面に浮かびだされる400個もの浮き玉キャンドルが有ったり、スノーキャンドルが散策路を照らし差し出し、ワックスボックスを使ってレトロ感をロマンチックに演出してくれているのです。
その光景はほんとにきめ細かい光に包まれていて、ロマンチックな感じを演出してくれています。
このイベント自体はまったく始まって10数年しか経っていないのですが、その幻想的な雰囲気は見極めるものを魅了してくれます。
季節も2月と極寒なのですが雪に映し出される灯りは相当ロマンチックで魅力的で、願いもその灯りに秘められている感じです。