バリスタ


カフェには「バリスタ」という仕事があります。
バリスタはコーヒーを作りあげる達人です。
世界において第4位のコーヒー消費国が日本です。
カフェでコーヒーを呑む時折バリスタがいるお店を選んで呑むようにした方が美味いコーヒーを飲み込むことができます。
イタリアにおいて、バリスタはエスプレッソマシーンによってエスプレッソコーヒーを始める達人を指しています。
バリスタはその日の気温、湿度、コーヒーの豆の状態などみてコーヒーの味を調整していきます。
朝は濃いめのコーヒーがいいというサラリーマンも多いそうです。
者の好みに合ったコーヒーを作ります。
エスプレッソコーヒーがベースになっていてそこからカプチーノとカフェラテを作ります。
夜になるとバリスタがお酒やカクテルを吐出しバーで提供しています。
日本においては1990年代後半に外資のコーヒーチェーンによるカフェが上陸してきました。
カフェブームが到来してバリスタが注目されるようになったのです。
基本的にエスプレッソをベースとして色んなコーヒーを創る人のことをバリスタと呼んでいますが、日本ではサイフォンでコーヒーを作っている人のこともバリスタと呼んでいます。
日本においてバリスタだけで職業として成立できている例はありません。
日本のマスコミで一般的にバリスタと呼んでいるのは、店舗の経営も行っているオーナーバリスタ、あるいは企業の配下でありながらバリスタの指導を通している人の場合が多いです。
ワインソムリエなどと違ってバリスタでは客単価が低いため、それだけで独立して職業とするには難しいです。

メールカフェ

「メールカフェ」は優良のコミュニティサイトです。
最初は無料で利用することができて、その後もシンプルな料金体系となっているため利用しやすいです。
メールカフェは現在中高年の人に支持されています。
安心して取り扱うことができる大人のコミュニティです。
30万人もの人の中から気軽に相手を選んで希望することができます。
安心して利用することができるポイントとしては、初回登録料が無流でできること。
相手を検索するアプローチ検索画面や相手の写メを閲覧したり自分の写メを晒したりするなどのサイトの機能に関してもすべて無料であることなどが挙げられます。
しっかりと出会うことができる優良なサイトが有料か無料で利用できるとすれば、無料で利用したいと誰もが企てるはずです。
利用登録をすると次に、会員の男女比や年齢層、地域別比などが公開されます。
メールカフェでは男女の会員比率を常に男が6に対して女性が4になるように「6:4」を維持しているそうです。
女性雑誌などへ宣伝を出して積極的に女性会員を集めているそうです。
そのため新規女性会員には敷居が厳しくありません。
このようなメールカフェの営業努力によって安定的に会員へ出会いのチャンスを送ることができるのです。
マッチング機能が充実していることもメールカフェの特徴です。
好みのタイプを様々な条件で検索できるようになっているため、初めての人とあってもコミュニケーションが取り易いのです。
プライバシーの取り扱いもどのように利用するのかちゃんと明記されていますし、出会い系サイトなどで問題となった架空請求についても注意喚起を記載しています。
安心して素敵な出会いをすることができます。

てつがくカフェ


ゆっくりとカフェでお茶をしながら、「これは果して何か」と疑問をなげかけて普段は当たり前に思えていることなどについてゆっくりと対話すること、それが「てつがくカフェ」です。
てつがくカフェでは様々なことを通しています。
たとえば閉店後のカフェとして、カフェスタッフでてつがくトークをしました。
テーマは「震災を語ること」について。
3月11日に起きた大震災を忘れないためにもてつがくカフェを開催して、震災について語り合いました。
てつがくカフェでは「策するテーブル」として様々なテーマで対話しています。
年間を通して様々な話題について対話します。
今年はとにかくすべて震災についてのテーマです。
「支援とはなにか」とか「死者にことばを充てがう」など様々なことについて考えています。
がんらい哲学カフェというものが、フランスを発祥の地として存在していました。
パリで活動に賛同した人が国外へと広めて赴き「ソクラテスカフェ」とか「カフェフィロ」などとして行いました。
現在日本も哲学カフェを通している人がいます。
大阪で「実験哲学カフェ」として2001年から今まで100回以上も開催してきた人もいます。
決まった定義があるのではなく、進行役がいてテーマが決まっていてみんなで対話するというシンプルなものです。
そのため主催者や参加者によって哲学カフェの雰囲気が変わります。
各種カフェへ参加していろんな人の考えや個性、その違いを行うのもいいと思います。