カフェとは


「カフェ」というのは、本来「コーヒー」を意味しています。
そこから転じてコーヒーを飲ませる場所を「カフェ」というようになりました。
カフェと言えば、パリが発祥の地と言われるほど多くのカフェがあります。
パリでは、多くのカフェが街路に面していて、歩道にまでせり出すようにテーブルやいすを置いています。
当然店内にテーブルやカウンターが設置されています。
場所によって値段が違っていて、カウンターで立って飲み込むのが一番安くて、次は店内のテーブルに座って飲み込む、そしてテラス席に座って飲み込むのが一番厳しい料金設定となっています。
基本的にはパリのカフェでは著名以外クーラーを設置していないので、真夏の場合は気持ち良い店内に腰掛ける人が多いです。
フランスでは生活の中にカフェが根付いていて、多くのファンタジスタも通ったカフェが観光名所となっています。
日本でカフェが登場したのは、明治時代でパリのカフェを模範としたものが誕生したのが始まりです。
パリではカフェを提供する給仕は男性だが、日本では女性の給仕を置いたことで評判となりました。
現在では様々な形態のカフェが登場していて、カフェバーやネカフェ、オープンカフェやドッグカフェ、猫カフェ、ギャラリーカフェなど多くのカフェが展開されています。
2000年以降にカフェブームが起きて、様々な店が登場しました。
このころから、店内の照明やインテリアに拘りおしゃれなラウンジ風のカフェが登場するようになったのです。

インターネットカフェ

「サイバーカフェ」とは、店内にパソコンが設置してありインターネットにアクセスすることができるカフェのことです。
アメリカなどでは「サイバーカフェ」ということもあります。
一般的に「サイバーカフェ」とか「ネカフェ」などの略称で呼ばれています。
日本では2001年以降にパソコンの価格や導入費用コストが低減したことや、モデムの取り付けを個人でも設置できるようになったことで急速にインターネット環境を利用する人が多くなりました。
それに従い常時インターネットに接続可能なADSLなどの環境が整備されて、低価格で利用できるようになったことで急速に普及していきました。
このような要素によってマンガ喫茶などでインターネットの導入が進み、サイバーカフェへと展開していったのです。
自宅にパソコンやインターネット環境がない人、常時接続環境を所持していない人、出先からインターネットに接続しよ人などが多く利用するようになりました。
マンガ喫茶では、マンガや雑誌と並びパソコンの導入でオンラインゲームをする人が上がるなど、集客に激しく貢献して赴きサイバーカフェの人気が定着していきました。
そうしてマンガとネットを複合化したサイバーカフェのチェーン店が多くの企業によって展開されていきました。
サイバーカフェは消費者の要望によって大都市から地方都市へも出店の場を広げていきました。
利用料金は、長時間滞在する人ようにお得なパック料金を用意しているお店が多くお得に利用することができます。
ゲームやインターネットが使いたい放題、マンガや雑誌は見放題、ドリンクは呑み放題という形態が多いです。
座席は自分で選ぶことができるお店とお店側から指定達するお店があります。

インターネットカフェのつづき


ネカフェのフロアーは、禁煙席と喫煙席に分けられていることが多いです。
座席を指定しないで自由に使うことが出来るオープンスペースや個室になっているところがあります。
「シングル個室席」は、ネカフェにおいて近年フロアーの主力となっている形式です。
オープン席とは変わり、周囲の目を気にすること無く利用出来るため、プライバシーが気になる人は個室席を使う人が多いです。
一般的に扉は施錠できません。
条例や店側の自主規制によって未成年者には個室を提供しない店もあります。
「ハイスペック席」は、シングル個人席と基本は同じです。
オンラインゲームでは大きい性能が要求されることもあるため、高性能パソコンが設置されている席です。
オンラインゲームのネカフェ特典やイベントなどが設けられていることもあります。
「ペア席」は、男女両者や女性両者、男性両者、あるいはシングルユースも扱うことができます。
条例などの規制によって密閉型扉は使えないので開放型のウェスタン扉にしたり扉に窓をつけて中が思えるようにしたり扉自体を設置しないところもあります。
お店によっては2人で共にパソコンを使うことが出来るように2台設置しているところがあります。
「リクライニング席」では、背中を倒して寛ぐことが出来る席です。
通常料金で扱うことが出来るお店や、割増料金が必要なお店があります。
「マッサージ席」は、マッサージチェアを使うことが出来る席です。
通常料金で扱うことが出来るお店や、割増料金が必要なお店があります。
「オープン席」は、主にマンガを掴むスペースとしてオープン席を確保しているお店が多いです。
条例によって、18歳未満はこのオープン席しか使えないと定めているところもあります。