水作り


飼育していく上で基本となるのが水作りです。
基本的ことだからドクターフィッシュの飼育経験がある人には必要のない知識ですが、初心者の人にはぜひ聞いて望む情報です。
ドクターフィッシュを飼育するのに、ただ水槽の中に水をはって入れれば宜しいというわけではありません。
魚は水の中で排泄をします。
この排泄ものによって流石水の中は汚れます。
そうして排泄ものにおいているアンモニアの毒成分によって水が汚れてもうすぐ魚が死んでしまいます。
そのためにこのアンモニアを毒消しして無害なもの質にするための仕組みが必要となるわけです。
アンモニアを無毒なものにするための仕組みには2種類バクテリアが必要です。
ともかく魚がだしたアンモニアを最初のバクテリアが亜硝酸に変換します。
亜硝酸自体もまだまだ毒がある物質です。
続いてこれを次のバクテリアが無毒な硝酸に変換します。
そうして毒成分を排除できます。
バクテリアは水槽のガラスや水底などの面部分に手広く存在しています。
水中に浮遊しているバクテリアもいます。
但しバクテリアは大量に存在しないとこの仕組みは成り立ちません。
そのために濾過槽が必要となります。
濾過槽はバクテリアをたくさん水槽内に生活させるために必要な道具です。
濾過槽には色んなタイプのものがありますが、ドクターフィッシュには密閉式のタイプが適しています。
濾過槽があることによってバクテリアがたくさん住むことができてドクターフィッシュに快適空間を提供することができます。

水作り2

引き続きドクターフィッシュのための水作りについて考えていきます。
新しく水槽をセッティングした場合にどのようにしてバクテリアを入れればいいのでしょうか。
一般的にはドクターフィッシュを購入したときの水の中にバクテリアが入っているため新たに加える必要はありません。
ますますバクテリアは胞子が空気中に漂っています。
そのためバクテリアは放っておいても自然に水の中にわいてしまう。
あとはそのバクテリアを維持して育て上げる環境作りが大切というわけです。
バクテリアの増殖の速さは、通常最初にアンモニアを亜硝酸に変えるバクテリアは1週間~2週間で安定数になります。
亜硝酸を硝酸に毒消しするほうのバクテリアは3週間~4週間で安定数になります。
ですから魚が安心して暮らせるような飼育環境になるのは月額程度かかります。
この月額経つまでの間は水の交換をこまめにして亜硝酸の濃度を多少なりとも引き下げる必要があります。
魚も飼育者も踏み止まる時期です。
これが面倒だとか月額何だか待てないという人は、熱帯魚などを飼育している知り合いに頼んでバクテリアを味わうか、バクテリアがたくさんいる濾材をもらうしかありません。
つまりドクターフィッシュを育て上げるための必要な水作りとは、アンモニアの亜硝酸がなくなって毒消しできたときにはじめて完成したと言えるのです。
この水がきちんとできたかどうかは見た目それではわかりません。
きちんとした検査試薬において確認することが大切です。

自宅で飼育


ここではこれから自宅でドクターフィッシュの飼育を考えている人に関して飼育ときの要素、ドクターフィッシュに関しての情報のまとめを話します。
ドクターフィッシュを育て上げるには熱帯魚を育て上げるのと同様に飼育のスキルが必要となります。
魚に適した水温を保つこと、メンテナンスの仕方や掃除の方法などを解る必要があります。
また餌の量や水槽内の整備や各パーツの名称とつぎ込み方を分かることも大切です。
一般的なペットを飼育するより熱帯魚など魚を飼育する方が全然難しいです。
それはちょっとしたことで死ぬ確立が高いからです。
そのためほんの少しの水質の変化も見逃さずにお世話を出来る几帳面な人に向いていると思います。
あまりお世話に自信がないという人にはドクターフィッシュ用に飼育セットが販売されていますからそちらの購入をオススメします。
どこのショップも大体30匹くらいのドクターフィッシュに水槽やヒーター、サーモスタット、ライトや濾過フィルターなどがセットになっています。
他にはカルキ抜きやバクテリア、餌、水温計など必要なものを準備します。
手軽にドクターフィッシュを飼育することが出来る飼育セットはお得です。
価格は5万円~6万円といったところです。
ただひとつ飼育する前に事前に知っておかなければならないことがあります。
ドクターフィッシュは飼育されて毎日おんなじ餌を食べていると、その餌に慣れて仕舞う可能性があります。
そうすると本来所持している性質、つまり人間の皮膚をついばむという性質が無くなるかもしれません。
そのため角質を食べてほしければ、2週間ほど絶食にしなければならないかもしれません。
ただドクターフィッシュは大食いのため他の魚を食べようと追っ掛け回すことになると思います。
これらのことを知った上で飼育を通じて下さい。
飼育に慣れればかわいらしくて愛着を持てる魚です。