世界弾丸トラベラーの音楽


世界弾丸トラベラーはOL達に人気のTVです。
二本テレビ系列で土曜夜11時半から放映されています。
週末のOLを元気付けようと始められた番組です。
ゲストたちは自らの夢を叶えようと、弾丸のように海外旅行に行くのです。
スタジオでは南海キャンディーズのしずちゃん、梨花、しょこたんの3名が旅行の様子を見守っています。
決してお笑い番組ではなく、適度に真面目な番組です。
天野ひろゆきのナレーションも好感が持てます。
そうして、バックににじみ出る音楽もとてもいい感じですね。
オープニングから挿入曲、エンディングまで雰囲気を盛り上げてくれる。
TVでは音楽がいとも大事です。
どたばたのお笑いもののものではなく、しげしげと見せてくれる番組には何より流れ出る音楽がその場面にあったものかどうかで番組自体がなるのです。
番組を制作している担当者は、OL達をどのようにして元気付けようとしているのでしょうか。
挿入曲はその時々で変わります。
しんみりとしたメロディーのものやテンポよくすすむ曲などさまざまです。
私たちは目でシーンを見ながら、本当はしっかり音楽を聴いています。
耳から加わるイメージは非常に著しく気分を変えてしまう。
梨花さんとしげるちゃんの食事の時に流れた曲はDavid Fosterの「 Hard to say I’m sorry」だそうです。
勿論、その他にもたくさんあります。
すべての曲を知っている人はいないでしょうが、質問サイトなどではよく曲の問い合わせがありますね。
みんな、素晴らしい曲だなあとしているのでしょうか。
世界弾丸トラベラーが人気を集めているひとつの要因なのかもしれません。

世界弾丸トラベラーの韓国

海外旅行は女性にとってあこがれです。
できれば何度でも行きたいものです。
そのような夢を視聴者に代わって、実現してくれるのが世界弾丸トラベラーです。
日本テレビが土曜11時半から放映している局です。
世界弾丸トラベラーの中で韓国旅行を紹介ください。
「韓国できれいに望む」ツアーです。
旅行に行ったのは南海キャンディーズのしず本当に浜口京子です。
浜口京子は女子レスリングで有名な人ですね。
世界弾丸トラベラーでは現地での滞在時間に制限が設けられています。
韓国編では滞在時間35時間45分でした。
羽田から飛行機で韓国の金浦国際空港へ移動します。
韓国はすぐ近くですから、2時間程度で着いてしまいます。
きれいになる予定なのに、しずちゃんはドーナッツを買ってしまうね。
この番組では、旅先で使ったお金も掲載されます。
まさに視聴者が旅行に行くことも出来ることがコンセプトなのです。
多くの旅行番組と違うのがこの点です。
最初からセッティングされた旅行ではなく、まさに旅行を通していくのです。
多くの女性に人気があるのはこのような番組制作の姿勢なのかもしれませんね。
さて、韓国の旅の続きですが、美肌に生まれ変われるサウナ、美人に写る写真館などを周っています。
そしたら、小顔に生まれ変われるマッサージも行きます。
旅行番組では自分も行ってみたいと見せかけるものがいいのです。
OLがお金を貯めて、週末をめぐってみようとしてくれれば、番組は成功しているといえるでしょう。
あなたも見てみましょう。
海外旅行をめぐってみたいと思うはずですよ。

世界弾丸トラベラーと梨花


日本テレビの旅行番組である世界弾丸トラベラーを観ていますか。
女性たちに人気が高い番組です。
ゲストが海外旅行に行き、スタジオではしずちゃん、梨花、しょこたんの3人が旅の様子を見ているのです。
3人の会話も嬉しいですね。
さて、梨花さんは自らも海外旅行に出かけています。
その時の様子を紹介ください。
世界一周嫁入り準備ツアーです。
東京からフランス、アメリカへと2泊5日の旅です。
1日目は成田から、フランスへと直行便です。
シャルル・ド・ゴール国際空港までは真昼間半の飛行機です。
そうしたらタクシーでパリの観光です。
ホテルはフォーシーズンズホテルで、タクシーでディナークルーズへと出かけました。
クルーズから素晴らしい景色を見ながらワインを飲んでいます。
本当は梨花さんはアルコールがダメね。
ノートルダム寺院の夜景も有難いものでした。
2日目はアンジェリーナで朝食です。
スタイルはパリジェンヌでしたね。
そうしたら目当てのジュエリーショップへ出掛けます。
ウェディング用のピアスをゲットしたのでした。
シューズはイージーオーダーです。
デザイナーのルブタン氏と打ち合わせです。
ウェディングシューズを注文です。
世界弾丸トラベラーはOLが週末に海外旅行に行くというコンセプトです。
女性に元気を与えていただける番組です。
最初からセッティングされた観光旅行ではなく、リアルな旅行の雰囲気が伝わってしまうね。
今回は梨花のウェディング準備ということで、目的も明確です。
視聴者はゲストと自分を重ねて観ていることでしょう。