井伊直政と真田丸


あなたはNHKの大河ドラマ真田丸を見ていますか。
豊臣秀吉から徳川家康のトレンドに翻弄された真田幸村の生涯が描かれています。
当然、豊臣秀吉や徳川家康の周辺人ものがたくさん登場します。
ただし、数が多すぎるため歴史的には重要人ものであっても、ドラマの中それでは名前だけが浮き出る場合もあります。
井伊直政はその典型でしょう。
本人は登場しませんし、名前も出てきません。
わずかに嫡男が登場するだけです。
ただ、真田幸村が討ち死にした戦の時には井伊直政は今や亡くなっていました。
現実的には登場できなかったのでしょう。
別の場面で登場させるストーリーもあったでしょうが、登場人ものが多すぎると、ドラマの本筋がわからなくなってしまいます。
真田家と直接関係のない人ものは省略されているのです。
井伊直政は武田家と関係があります。
豊臣秀吉に滅ぼされた武田家の家臣たちを徳川家康が召し抱えて、井伊直政の家来としたのです。
そこから井伊直政の赤備えが出来上がりました。
井伊の赤鬼ときらいられるようになったのは武田家があったからでしょう。
真田丸だけではなく、徳川家康に関するドラマは何度も作られています。
いずれは井伊直政が主人公の大河ドラマも登場するのではないでしょうか。
その時にアッという間にわかるように、今から情報を収集しておきましょう。
歴史を分かると、その背景をもっと分かりたくなります。
そうして、ザクザク歴史に細かくなっていくのです。
そこに生きた人の知恵を身に羽織ることが出来るようになります。

井伊直政と江戸時代


江戸時代がいつから始まったかと言うと関ケ原の戦い以降が必須でしょう。
無論、徳川家康が征夷大将軍になったのです。
徳川家康の四天王の一人に上げられている井伊直政はその時代をどのように生き抜いたのでしょうか。
彦根藩の初代藩主として立派に勤め上げていますから、現在の彦根博もの館には井伊直政に関する情報がたくさん展示されています。
歴史を分かる格好の材料でしょう。
ただ、江戸時代と言うと徳川家康や豊臣秀吉だけがクローズアップ陥るため、その脇役が断じて知られない傾向にあります。
井伊直政の名前を初めて聞いた人もいるかもしれません。
江戸時代を築いたのは徳川家康かもしれませんが、そのバックには多くの家臣がいたことを忘れてはいけません。
つまり、彼らがいなければ江戸時代はやってこなかったのです。
井伊直政は若い時に徳川家康に認められて、生涯忠誠を誓いました。
その逸話は各種ところに残っています。
現代においても、その考え方と態度は通用するものがあります。
時代が違っても際立つ人は貫くのです。
我らが歴史を学ぶのはなんででしょうか。
単に歴史年表を覚えることではありません。
過去に生きた人の生き様を見て、それを自分の人生のヒントとして使いこなすことが重要なのです。
当然、それは多くの人がわかっています。
自分が知りたいと思った人ものをピックアップして、その人に関する情報を集めてみましょう。
インターネットを使えば簡単に見つけることが出来るでしょう。

井伊直虎のゆかりの地


2017年のNHK大河ドラマでは井伊直虎が主人公となっています。
井伊直虎にちなんだゆかりの地では早くも観光客がかかることを期待しているようです。
無論、毎年のNHK大河ドラマの舞台となった地域では確実に観光客が増加しています。
ところで井伊直虎のゆかりの地とはどこでしょうか。
幾らか、当時の歴史を振り返ってみましょう。
井伊直虎は男性ものの名前ですが、女性です。
井伊家に跡継ぎの男がいなかったために井伊直虎と男性名で当主となったと言われているのです。
歴史に詳しい人の研究によれば、井伊直虎が果たして出家を通じて、その後当主になった話は井伊家伝記に記述されているだけであり、その真実味には疑問があると言われています。
つまり、史実とするには再検証が必要なのです。
やはり、歴史自体はそうであっても、もの語としては非常に楽しいものです。
そのような女性がいたと考えるだけでも当時の歴史に興味を持つ人が重なることでしょう。
井伊直虎は井伊直盛の娘として生まれています。
井伊家そのものが苦難の歴史を辿ってあり、井伊直虎も不遇の人生を歩みます。
先ず出家した後、当主になっているのです。
具体的なゆかりの地を紹介ください。
井伊直虎が当主であったかどうかは定かではないとしても娘がいたことは事実です。
井伊家の領地は静岡県の浜松ですから、ゆかりの地は浜松に多くなっています。
代表である龍潭寺は井伊直虎の相談相手であった和尚の何渓瑞間のお寺です。
井伊直虎の供養塔があります。