井伊直政とは


井伊直政と聞いて直ちに頷ける人は歴史に強い人でしょう。
大河ドラマなどをたえず見ているのです。
やはり、インターネットで調べてみればたくさんのことがわかります。
井伊直政は安土桃山時代から江戸時代にかけて生きた武将です。
井伊家の当主でした。
徳川家の家臣として活躍しています。
当然、その当時の歴史は各種武将が活躍してあり、井伊直政だけが飛びぬけていたわけではないでしょう。
でも徳川氏きっての政治家、外交官として知られています。
年齢的には若手の武将でしたが、他の家臣と並んで当時の書ものに名前が記載されています。
江戸時代になると譜代大名の筆頭として江戸幕府を支えています。
現在の群馬県高崎市や滋賀県彦根市を発展させた人ものとしても知られています。
徳川四天王、徳川三傑に数えられてあり、政治家でありながら武術にも優れている人もの像がイメージされることでしょう。
井伊直政は徳川幕府誕生の歴史もの語にはしっかり登場する重要人ものと言えます。
豊臣秀吉が家臣にしようとしましたが、徳川家康への固い忠誠心によって阻まれたという逸話は有名です。
もちろん、歴史に興味を持ち歩いていない人は井伊直政など知りません。
学校の歴史の教科書には押しなべて出てこないからです。
テレビの歴史ドラマや歴史書を見て下さい。
そこには大勢ものが登場します。
そのことが歴史を楽しくしていることは確かでしょう。
これまで知らなかった人ものがいたことに感動しましょう。

井伊直政の伝記


歴史の表舞台で活躍した人ものは多くの人が知っていますが、井伊直政のことを知っている人は歴史に詳しい人でしょう。
大河ドラマなどを欠かさず見ているのかもしれません。
さて、井伊直政に関する書ものは井伊家伝記にあります。
当然、その他の徳川幕府の書ものにも井伊直政の名前は登場します。
ただ、井伊家の当主として一代を築いた井伊直政のことを引っかかるなら、井伊家伝記をよむべきです。
井伊家伝記は前後64話による伝記です。
戦国時代の井伊直平から訪れ、その子孫の活躍が描かれています。
井伊直政の昔で前半が終わり、後半は井伊直政が徳川家康につかえるようになってからの活躍が書かれています。
原本は存在していませんが、写本として残されています。
現代語訳を活字化した書籍も作られています。
その井伊家伝記の内容ですが、地元の言い伝えによって叙述されています。
よって、史実とは言えない部分が少なくありません。
真実味はかなりないと評価されています。
ただ、井伊直政が徳川家康に仕えていたことは間違いありませんから、その時期にもの語として作られたのではないかと言われています。
徳川家の三傑と言われるほどの大ものでしたから、伝記があってもおかしくないと当時の家臣たちが考えたのかもしれません。
大ものには各種もの語が後から作られています。
読みものとしてとらえれば面白いのではないでしょうか。
現代語訳された書籍であれば、人もよむことができます。
興味があるなら、図書館で探してみませんか。
大河ドラマを探る視点が変わるかもしれません。

井伊直政の異名


井伊直政は1561年に井伊直親の嫡男として生まれています。
当時は安土桃山時代から江戸時代へと替わる時期です。
井伊直政は徳川幕府の家臣として、さんざっぱら重要な地位にいたと考えられています。
その異名は井伊の赤鬼です。
徳川四天王の自分ですから、武芸に秀でていたことは間違いありません。
また、武芸だけではなく政治家としても、当時の徳川家の重鎮となっています。
これらのことは徳川家の書ものに名前が出てくることから容易にわかるのです。
当然、井伊家そのものが徳川家の家臣として、大きな役割を担っていたのですから、その嫡男も勿論重要視されていたはずです。
その期待にしっかりと報いることができる人ものであったのでしょう。
父に当たる井伊直親は徳川家の家臣として仕えていましたが、他家の策略によって横死させられました。
当時、井伊直政は少し2歳だったため、家督を継ぐことが難しくなり、井伊家は一時的に衰退しています。
その後、様々な苦難を乗り越えて、徳川家康の目に留まる機会を得ています。
そこで井伊家復活を許されてから、大層活躍することとなったのです。
豊臣秀吉が井伊直政を懐柔して家臣にしようとしましたが、主である徳川家康への忠義を守り抜いたことから赤鬼の異名が付いたと言われています。
それだけ、徳川家康から厚い信頼を通していたということでしょう。
この時代は徳川家と豊臣家が争っていましたから、どちらに張り付くかは大きな試練となったことでしょう。