東京スカイツリーのすごさ

東京スカイツリーは目新しい電波塔として、東京墨田区に建てられたものです。
真新しい東京のシンボルとして、そのデザインと技術力には驚かされます。
何がすごいのでしょうか。
それでは高さです。
高さは先端の部分までで634mです。
これは電波塔としては世界一、建造ものとしても世界2位なのです。
第1展望台にはレストランやカフェ、ショップがありますが、これが350mのところです。
東京を窓の外に見下ろしながら、食事を楽しむ気分はどういうものでしょうか。
それから一層100m上ったところに第2展望台があります。
ここには空中回廊があり、関東一円を見渡すことが出来るのです。
その眺めは断じてうまいものになるでしょう。
その言葉通り、空中を散歩している気分なのです。
東京スカイツリーの足元は三角形です。
その三角形が上に行くによって、だんだんと円形に変化しています。
機械的な直線ではなく、日本の伝統建築をイメージした容易い曲線を描いているのです。
足元が三角形ですから、見分ける角度によって少しずつ形が違うことになります。
様々な表情を見せてくれるのです。
昼間の東京スカイツリーもすごいのですが、一層恐ろしいのは夜になってからです。
ライティングは2種類あります。
1日毎に二つのライティングとなるように設計されています。
ライティングに使用する照明はすべてLEDを使用しているため、省エネルギーに貢献しているのです。
内部には高性能が使われているのです。
このような話を訊くだけで東京スカイツリーをめぐってみたくなりますね。
あなだはどうですか。

東京スカイツリーにおける議論

東京スカイツリーがまだ新タワーと呼ばれており、名称も決定してなかったころの話です。
東京スカイツリーの建設についてのぜひが議論されていました。
そのことについて紹介ください。
東京スカイツリーを建設することの利点と欠点についてです。
利点は、建設の主目的である電波障害の低減による、テレビ視聴地域の拡大があります。
また、真新しい観光名所として観光客が群がることによる地元商業界の活性化が期待されました。
欠点として挙げられたものは、東京タワーと東京スカイツリーが逆方向となる地域で、テレビアンテナの向きを乗り換える必要があるのではないかと危惧です。
多くの人が質問を投げていたと言われています。
ただし、総務省のプラクティカルな見解として大丈夫と考えられました。
東京スカイツリーが厳しいため、シミュレーションの結果、電波の強さは十分であることがわかったからです。
但し、電波塔にどうしても間近いところそれでは、電波が強すぎることによる弊害が心配されています。
当然、これの対策は容易ですから、建設のぜひを論ずるときに欠点とはなりません。
公式見解として、東京タワーから東京スカイツリーへ電波の発信元が変わったとしても、視聴者への影響は極めてわずかであるということです。
また、東京タワーから遠い地域は東京タワーと東京スカイツリーとの相対位置が貫くですから、何の問題もありません。
基本的に議論されたことは、このような電波に関することでしたが、一つだけ高層建築もの特有の問題が指摘されています。
それは積雪による雪片の落下です。
高さが高いですから、雪片の落下も事故となる可能性があるからです。

東京スカイツリーとアニメ

インターネットやデジカメが一般的になった現代だからこそ、できあがる映像というものがあります。
その喜ばしい例が東京スカイツリーの建設のアニメです。
アニメと言っても素人が撮影した東京スカイツリーの様子です。
定点観測をすることによって、東京スカイツリーができて出向く様子がわかるのです。
場所さえ確保できれば誰でもが作れるアニメーションなのです。
インターネットの画像投稿サイトとして有名なYouTubeにはたくさんのアニメがあります。
誰でもが思いつくことなのでしょう。
東京スカイツリーの建設は2009年に始まりました。
2012年が開業です。
建設が取りやめるのは2011年のことです。
建ものが少しずつ大きくなって行く様子を見るのは嬉しいものです。
何年もの歳月が数秒間で再現されるのです。
東京スカイツリーは通常のビルの建設よりもうれしいのです。
何もないところから、塔が出来上がって行くさまは感動ものではないでしょうか。
みんなたちが建設に携わっています。
周りから見るのは明るいですが、まさに働いている人の苦労まではわかりません。
日本が誇るハイスペックによるとしても、まさにそれを行うのは人間の手なのです。
みんな間がいなければ完成することはないのです。
そういったことを考えながら、数秒間のアニメを見てみませんか。
わたしたちの暮らしがどのようにして維持されているのかが分かるでしょう。
東京スカイツリーは電波塔として世界最高となりました。
そこに選べる技術に興味がある人もたくさんいるのではないでしょうか。
建設現場の見学者もたくさんいたのです。