東京スカイツリーの人気

2009年から東京に建設された電波塔の名前は東京スカイツリーです。
東京スカイツリーは東京都民だけではなく、日本中の注目を集めています。
塔の高さはもちろん日本一です。
既存の東京タワーよりもはるかに凌ぐ、634mなのです。
2010年の時点でも建設中のに、多くの人が見ものに訪れているのです。
東京スカイツリーの全貌を確かめるためには、ある程度離れたところから見なければなりません。
そのための見どころのマップなどがインターネットでも公開されているのです。
休日などにはたくさんの人が見ものしています。
誰でも新しく出来るものには興味があります。
建設中とはいえ、その高さには感動してしまうのではないでしょうか。
日本の建設技術は世界に誇ることができます。
その厳しい技術力をアピール出来るのが東京スカイツリーなのです。
東京スカイツリーの建設目的は、観光名所を取ることではありません。
電波塔が本来の役割です。
高層ビルが建つと、その陰となる地域での電波障害が発生します。
それを改善するためには、高層ビルよりも高い塔が必要になるのです。
そのために東京スカイツリーは高くなっていくのです。
東京スカイツリーが建てられた場所は都内の墨田区です。
この地域には東武伊勢崎線、東京地下鉄半蔵門線、京成押上線、都営地下鉄浅草線などがあります。
電波塔としての役割はもちろん第一なのですが、観光名所としての役割もあるも事実です。
建設が始められたころは地上デジタル放送がまだ本格化していませんでした。
2011年にテレビのアナログ放送が終了することによって、東京スカイツリーはデジタル放送用のテレビ塔となります。

東京スカイツリーのうんちく

世界で一番厳しい電波塔となった東京スカイツリーですが、各種話題があります。
東京スカイツリーのうんちくはたくさんあって、ここですべてを紹介出来るわけではありませんが、その一部を紹介ください。
これを読んであなたも東京スカイツリーのもの分かりになりましょう。
初めて、東京スカイツリーは何のための建ものでしょう。
2003年にNTTと民放5社が共同で、600m級の新電波塔を建築するためのプロジェクトを立ち上げたのが始まりです。
つまり東京スカイツリーは電波塔なのです。
東京スカイツリーはどう3本足なのでしょうか。
日本にあるほとんどの塔が4本足です。
東京スカイツリーがある地域がぽっきり三角形だったため、3本足にしたのだそうです。
因みに墨田区の紋章も三角形をモチーフにしたものです。
そりやむくりとはなんでしょうか。
日本建築の伝統を活かして建てられた東京スカイツリーですが、そりやむくりっていう聴きなれない言葉が出てきますね。
そりは凹面に湾曲した状態ですし、擦りむくりはその逆で凸型に湾曲していることです。
この形を取り入れて塔が作られているのですね。
東京スカイツリーが狭いのはなんででしょうか。
東京スカイツリーは非常に細長くなっています。
東京タワーと比べてみると間もなくわかります。
勿論、この狭いタワーを仕立てるためには高度な技術力が必要となります。
単純におんなじ構造にすると地震に対して弱くなってしまうからです。
細長くできた秘密は3本の足にもあるそうです。
細い土地で最大の安定度を保つためには三角形が最適だったということです。
あなたももの分かりになれますね。

東京スカイツリーの効果

東京スカイツリーの建設が計画されたのは2006年ところが、それによる商業の効果はどうなのでしょうか。
当然、完成してからの観光客もできるのですが、建設中からみんなの注目を集めてあり、見学者が殺到しているのです。
旅行会社などでも東京スカイツリー見学を含めた観光ツアーの企画が続々と登場しているのです。
かつての東京タワーでは日本経済復興のシンボルとなりました。
東京スカイツリーはどうなのでしょうか。
ある調査によると、東京スカイツリーの経済効果は年間880億円と見込まれています。
年間来場者数はツアーを考えただけでも550万人以上で、周辺の施設では2000万人もの人が来ることになります。
長引く不況の中でこの経済効果がもたらす影響は著しいのではないでしょうか。
東京スカイツリーの計画が公表されてから、周辺の地価はどのように変化したでしょうか。
やはり、値上がりしたのですが、2006年から順調に上昇した地価は2009年にはリーマンショックによって値下がりしています。
世界同時不況の波には勝てなかったということです。
また、東京スカイツリーの入場者数は疑心暗鬼意見もあります。
東京都庁展望台やサンシャイン60展望台などがありますが、それらの傾向から見るとコンスタントに入場者数を維持することは困難のです。
東京には東京スカイタワーが出来る前から、各所にパノラマを楽しむことが出来る施設がありますから、それらとの競合になるのです。
でも、多くのモールでは東京スカイツリーをきっかけとして、活性化を図ろうとする計画が勧められているのです。

東京スカイツリーの欠点

国民の多くが関心を持つ東京スカイツリーですが、そのデメリットは全然議論されていません。
東京スカイツリーの商業的効果については、その金額が議論されますが、良い効果が見られることだけは間違いないでしょう。
ではデメリットは何なのでしょうか。
それは東京タワーから出されていたテレビの電波が東京スカイツリーから出ることになるための影響です。
テレビのアンテナは基本的に電波が出ている方向に向けなければなりません。
従って、場所によっては逆方向となるところも出てくるのです。
もちろん、アンテナ工事をすればいいのですが、そのための費用は各家庭で持たなければなりません。
実際には総務省がプラクティカルにシミュレーションをしたところ、方向を変えなくても問題なく受信できると予想されています。
つまり、東京スカイツリーから発射される電波が十分著しいために、問題ないということです。
まずはデメリットはないのでしょうか。
電磁波を人体に受けることによって、気分が悪くなったり、吐き気がしたりすることがあると言われています。
東京スカイツリーが電波障害を低減するのと引き換えに人体への影響が強くなることになります。
但し、それは現在の東京タワーもおんなじことです。
また、テレビの電波は携帯の電波に比べると格段に弱いものです。
携帯電話においている人にとっては、無視していいレベルなのです。
このように考えると東京スカイツリーの欠点はわずかと言えるでしょう。
2012年の開業によって発生する経済効果が期待されているのです。