浜松観光の情報


来年、浜松観光を計画しているならしっかりと情報をチェックしておくことをお進めします。
NHKの大河ドラマで井伊直虎が主人公となっていますから、浜松城が観光名所となるからです。
やはり、これも観光客は多かったのですが、来年はそれ以上に達することは間違いありません。
情報をチェックするたまに注意しなければならないのは、どのようなホテルを選ぶかということです。
料金だけを見てもわかりませんし、建てられている場所だけでもわかりません。
つまり、自分の観光の計画に沿ったホテルを選んでいるかということです。
浜名湖には温泉がありますから、ホテルの多くは温泉を楽しむことができます。
雄大な景色と温泉だけで満足している人もいます。
子どもたちがいるなら、遊園地なども計画の中に入れておきましょう。
フルムーンの二人旅なら、温泉と浜名湖の周辺の散策も酷くありません。
自分がどのような楽しみ方をしたいかによって、引き寄せる情報は異なることを認識しておくことが大切です。
当然、何度も旅行をした人ならそういったことは常識となっているはずです。
また、インターネットの口コミサイトなどを読めば、正に宿泊した人の感想を訊くことができますから、思い切り参考になるはずです。
ただ、観光地の良さは人によって感じ方が違います。
口コミのすべてが自分に役に立つ情報とは限らないことを理解しておきましょう。
あくまでも参考に過ぎないのです。
浜松の良さは正に訪れてみなければわかりません。

井伊直虎


平成29年のNHKの大河ドラマの主人公となる「井伊直虎」。
井伊直虎は女城主です。
井伊直盛の一人娘で、井伊直政の養母です。
江戸時代に徳川家康を支えた「徳川四天王」の独力です。
井伊家は、今川軍についたため、男たちは戦死したり、殺害したりしていなくなってしまいました。
そんな中、直虎は、次期当主であった直政を後見人として養育、女城主となって井伊家のお家断絶の危機を救ったのです。
戦国の世に物珍しい女城主はそうして誕生したわけです。
相当面白い「井伊直虎」。
大河ドラマで奪い取りられることになって、井伊直虎ゆかりの地である浜松にたくさんの観光客が訪れると思います。
浜松には元々たくさんの人気観光スポットがあります。
今回は、その中それでも井伊直虎ゆかりのお奨めの浜松観光スポットを紹介していきたいと思います。
期間限定ではありますが、大河ドラマが放送陥る平成29年には、「大河ドラマ館」もオープンします。
井伊直虎について分かることができて、大河ドラマの世界を味わえるお奨めのスポットです。
「おんな城主直虎 大河ドラマ館」。
開催期間→平成29年1月15日~平成30年1月14日。
開催場所→浜松市みをつくし文化センターホール。
営業時間→午前9時~午後5時です。
(最終入場は4時半までとなっています)。
入場料→当日券大人600円、小中学生300円、未就学児は無料。
前売り券大人480円、小中学生240円、未就学児は無料。
団体割引は20人以上で適用され、当日前売り問わず、大人480円、小中学生240円となります。

龍潭寺


「龍潭寺」は、井伊直虎が寝入る地です。
浜松市北区にあるお寺で、人気観光スポットの浜名湖からも間近いので止まり易い観光スポットとなっています。
奈良時代に建てられたお寺で、平安時代から長きにわたり井伊家の菩提寺となってきました。
境内のいたるところに井伊氏ゆかりの足跡が点在しています。
直虎だけではなく、直盛、直政など井伊氏歴代の墓があります。
「井」と記された赤地の籠もあります。
龍潭寺の山門を出て、南の方へ行くと井伊家初代の共保の生まれたと言われている、出生の井戸が残されています。
龍潭寺は庭園もひどく、池泉鑑賞式庭園で眺めていると時を忘れて仕舞うほどきれいな庭園となっています。
国指定、県指定の重要文化財も数多く所蔵されています。
龍潭寺は、本堂の廊下が鴬張りになっているため、訪れた観光客たちは「キュッキュッ」という音を楽しみながら歩いていきます。
龍潭寺には、願いが叶うとして知られている砂でできた「お地蔵ちゃん」が売っています。
このお地蔵ちゃんを貰うために龍潭寺を訪れる観光客もいるほどの人気です。
浜松へ行かれた際は、お地蔵ちゃんを買って願い事を通してください。
願いがかなった後の水かけもうれしいのでお薦めです。
お地蔵ちゃんは、遠州灘の砂を通じて作られています。
お地蔵ちゃんを買ったら願い事を通して、願い事がかなったら、砂に還すのです。
お地蔵ちゃんにお水をたくさん見張ると、徐々に砂に還っていきます。
あとには、お地蔵ちゃんが手に持ち歩いていた光の玉だけが残ります。
その玉はお守りとして持ち歩いていて下さい。
お地蔵ちゃんは自宅に飾っている間も、温かくみんなを守っていただける、お薦めのお守りです。
龍潭寺の拝観時間は、午前9時~午後4時半。
拝観料金は、大人500円、小中学生200円です。