ジオラマが素晴らしい「鉄道屋」


鉄道模型オタクが感動する鉄道カフェが名古屋にあります。
お店の名前は「鉄道屋」で、鉄道模型のジオラマが店内のほとんどを占めています。
長さ500m・8車線の線路が、街・山・川・海をみごとに再現した風景の間を、自由自在に走行しています。
お店の場所は、名古屋城のお堀からすぐのところにあり、2008年にオープンしました。
フードメニューは充実してあり、アルコール類もそろっています。
マスターの本業は金属加工業で、お店も元は事務所だったそうです。
鉄道模型マニアが高じて、このような店内になったのかと思いきや、列車よりもかえって“ジオラマ作り”がスキだそうです。
お店のジオラマは、オープンする2年前から少しずつ製作し続けて、現在でも増設中です。
そのため、「鉄道屋」を訪れるたびに、ちょっとずつ進化しているようです。
そんなマスターが手がけたジオラマのこだわりは、高低差のある路線です。
鉄道模型のジオラマの大半はじ平坦なものだが、こちらは、山をクルクルとカーブしながら登っていくなど立体感を表し、照明にもこだわっています。
ますますこれから1つの工夫は、車両の先頭に付けられた「CCDカメラ」です。
走行する列車の中から眺めた景色を、店内の各所に設置されたモニターで見極めることができます。
車両は持ち込んで走行させることもでき、操縦台は7席用意されています。
利用料金は1時間800円~で、併設されているカフェでは、挽きたてのコーヒーや手作りワッフルなどを提供しています。

夏休みは「大鉄道博」

「夏休みファミリーフェスティバル 大鉄道博」は、夏休みに開催されている、子どもたちから大人の方まで、世代に関係なく味わえるイベントです。
特急列車の栄光の歴史や逸話を、その時代に使用された数々のもの品の展示によって紐解きます。
鉄道模型の大ジオラマでは、特急列車や新幹線などの車両が走り抜け、その様子は本ものの列車まるでの迫力です。
誰もがそのちっちゃな鉄道模型の世界に釘付けです。
また、本格的な運転士シミュレーターも登場し、実際運転しているかのようなリアルな体験ができ、鉄道スキなお父さんも大満足でしょう。
キッズにお奨めなのが、ミニSLやミニ新幹線などに乗車出来るコーナーです。
つまらないけれどあなたを乗せて、極力走行します。
キッズだけでなく、お父さんやお母さんも乗れますよ。
また2010年のテーマは、「鉄道 ECO」ということで、「人力車両」が用意され、人力で働くエコ鉄道を体験できます。
ちっちゃなキッズからお年寄りまで、安心して簡単に乗車体験が楽しめます。
どんどん、運転士さんや駅員さんなどの衣装に着替えて、お仕事の体験が出来る企画も用意しています。
おじいちゃんやおばあちゃんにお奨めなのが、昭和30年頃の駅前広場を再現した展示コーナーです。
さまざまな旅の思い出品などが展示されてあり、夢で溢れていた時代へタイムスリップしたかのような、何とも思い出深い雰囲気が漂います。
「大鉄道博」は、ちっちゃなキッズからお年寄りまで楽しめる、鉄道の魅力がいっぱいのファミリーイベントです。

「名鉄駅サービスセンター」で名古屋土産


「名鉄駅サービスセンター」は、名古屋土産の穴場スポットです。
ここでは、定期券や記念チケット、名鉄グッズなどを販売しています。
また、期間限定で、鉄道グッズが5,000円分入った「名鉄グッズお楽しみ袋」が3,000円で発売されたこともあります。
中けれどもお奨めなのが、名鉄の鉄道模型です。
まずは、お奨めの鉄道模型を紹介します。
「Bトレインショーティー 名鉄3300系」・・・3300系は、名鉄標準形の通勤電車として誕生した、VVVF制御の電車です。
ステンレスの車体に鋼製でできた前頭部を組み合わせて、2004年~2005年に5本が製造されました。
バリアフリーに対応しています。
「Bトレインショーティー 名鉄4000系」・・・ 4000系は、2008年10月に瀬戸線の近代化を目指して誕生したVVVF制御の電車です。
瀬戸線車両で初となるステンレスの車体で、前頭部には非常ドアが備え付けられてあり、顔つきは角張っています。
2009年11月までに5編成が投入されました。
「Bトレインショーティー 名鉄5000系」・・・5000系は、廃車となった1000系の全車特別車から主要機器をリサイクルして、新しく製造された車体を組み合わせてできた電車です。
3300系に準じてステンレスの車体となっています。
7000系の引退と入れ替わって運転が開始されました。
3300系、4000系、5000系のBトレインショーティーは、いずれも、先頭車と中間車の2両セットで、2010年5月16日から発売が開始されました。
発売価格は、いずれも1,260円です。