「鉄道模型」とは?


「鉄道模型」とは、縮尺と軌間が一定の列車と線路の模型のことです。
その初期は、ブリキ製玩具と明確に区別されていませんでしたが、徐々に、縮尺と軌間が決められて生まれ、線路上を走らせたり、コレクションにしたりして楽しむために、規格を設けるようになりました。
なお、アメリカ、イギリス、ドイツの各地域で、統一の規格と言えるものがそれぞれに存在します。
鉄道模型を走らせるための運転設備(レイアウト)は、誠にちっちゃなサイズのものから、乗用台車をけん引して、またがって跨ることが出来るほどの大きさのものまで、一般的に「鉄道模型」と呼びます。
また、鉄道模型が高貴な趣味から一般人にまで普及すると、その住宅事情によって、つまらないサイズの模型が普及するようになりました。
また、鉄道の標準的なサイズの1/3で生まれ、娯楽施設などで客車内に乗車出来るものや、試作された実もの大の車両モックアプなどは、一般的には「鉄道模型」とは呼びません。
プラモデルといった走らせることができない置ものの模型も、鉄道模型とは区別されています。
なお、鉄道の本場である欧米では、1435mmの標準軌の鉄道が一般的ですが、日本の鉄道では1067mmの狭軌が人並みとなっています。
そのため、同一のスケールで模型化した場合に、両者の車輪や軌間の幅に違いが出てしまい、同一スケールで両者を併用するには、異なる軌間の模型線路を用意する必要があります。

「ゲージ」と「スケール」

鉄道模型において、一番の基礎知識となるのは、「ゲージ」と「スケール」です。
「ゲージ(軌間)」とは、鉄道の線路を設置する幅のことです。
たとえば、1435mmの「標準軌」や、1067mmの「狭軌」などの違いがあります。
基本的には、JRが狭軌を採用しているので、日本の主流は狭軌です。
一方、京急や東京メトロなどの私鉄の一部とJRの新幹線は、標準軌を採用しています。
鉄道模型については、欧米で主流となっている16.5mm(HOゲージなど)や、日本で主流の9mm(Nゲージ)、そのほかにもさまざまあります。
また、「スケール」とは縮尺のことで、ゲージと同様に、規格化されていますが、若干バラつきがあります。
例えば、「Nゲージ」ならば、1/150~1/160くらいのサイズです。
Nゲージは、日本で主流となっていますが、その名前は、ゲージ(線路の幅)が9mm(nine)であることから置きられました。
つまり、9mmの幅の線路と、そこで走行する列車は、全て「Nゲージ」ということになります。
このように、「ゲージは9mm」と規格されているわけですが、スケールにはバラつきがあります。
これについては、ゲージに関係しています。
何とか、実ものの軌間が全ておんなじサイズだとしたら、スケールも全て同じで良いはずですが、実際の鉄道のゲージには違いがあります。
9mmのレール上で、標準軌も狭軌も一緒に走行させるには、縮尺を入れ替える必要があります。
でも、Nゲージについては、約1/150~1/160の範囲の縮尺なので、いまひとつ違いはありません。

「ゲージ」について


9mm軌間の「Nゲージ」以外には、「HOゲージ」や「Zゲージ」が普及しています。
やっぱ、1つの線路上で、さまざまな車両を走行させたいので、「ゲージ」が重要になります。
「Nゲージ」は日本で何より普及していますが、「HOゲージ」や「Zゲージ」も親しまれています。
また、このほかにも、「Oゲージ」や「Gゲージ」などもありますが、日本では一際普及していません。
これには、スケールに関する問題によっているようです。
日本における住宅事情では、やはり、模型用としては机一部分を確保するのが限度となります。
そのため、「Nゲージ」がちょうど良いサイズとして、断然人気なのでしょう。
次に、それよりも小さいサイズの「Zゲージ」、それよりも少し大きい「HOゲージ」が普及しているのです。
鉄道模型は歴史と共に、抑制に向かう傾向にあります。
時代遅れは、Nゲージの約4倍大きさの「Oゲージ」というゲージが主流でした。
「HOゲージ」は、OゲージのHalf=半分のサイズで、線路の幅が16.5mmのものを指します。
もう一度、最近人気を高めている「Zゲージ」は、Nゲージよりもちっちゃな、6.5mm幅となっています。
鉄道模型の技術が進歩したことにより、そのバリエーションも豊かになり、低い場所けれども万全遊べるようになりました。
ただ、残念なことは、まったく「Zゲージ」は生まれて間もないので、車両がいまひとつ出ていないことです。
普及してくれば、再度車両も増えてくるので、惜しくも待つのも手ですね。
また、「Zゲージ」はサイズが狭苦しい分、「Nゲージ」や「HOゲージ」と比べると、ディテールに欠けるので、ますますリアルさを追求するのなら、「Nゲージ」以上のサイズを選んだ方が良いでしょう。