お子さんも楽しめる「鉄道博物館」


「鉄道博もの館」は、2007年10月14日の“鉄道の日”に、埼玉県さいたま市にオープンしました。
まずは、館内の様子と子ども連れで楽しむためのポイントを紹介します。
鉄道博もの館には、事前に予約する必要のあるアトラクションが、館内にいくつかあります。
事前に下調べを十分して、希望のアトラクションは、入館したらすぐに予約機で予約の手続きを取ると良いでしょう。
殊更、幼児におすすめなのが「ミニ運転列車」です。
長さ約2.4m・幅約1.2mの望ましい3人乗り車両で、1周約300mを運転することができます。
運転司令室も隣接されており、モニターで確認しながら、わかりやすく運行システムを理解できます。
信号保安システムも再現されているので、本ものの車両を運転しているかのようです。
小学生以上の幼児から利用でき、費用は1回200円です。
予約をしておけば、その時間まで、たっぷりと別のアトラクションを堪能でき、効率的に楽しむことができます。
所要時間は約6分です。
鉄道博もの館の特徴の1つには、体験型アトラクションがたくさんあることが挙げられます。
「ラボラトリー展示」では、台車を分解したり組み立てたりできる「車両工場ラボ」、発券業務などの駅係員の仕事体験ができる「駅構内ラボ」、パソコンを使用して車両のデザインなどに挑戦できる「デザインラボ」があります。
「ヒストリーゾーン」には、日本における鉄道の歴史や技術を紹介しています。
普段は探ることのできない物珍しい新幹線や、蒸気機関車の動力部分などを観察することもできます。
また、鉄道模型の大ジオラマも展示されてあり、観覧プログラムでは、スタッフによる解説を聞きながら、鉄道模型の運転を観覧できます。
照明の調整により、1日の様子を演出します。

宿泊・温泉施設「鉄道村」

「鉄道博もの館」は2007年10月14日にオープンしましたが、それに先立って、鉄道博もの館から徒歩約5分の場所に、「大宮大成 鉄道村」が10月10日にオープンしました。
ここには、宿泊施設、露天風呂付きの大浴場、食事処、カットサロン、整体・アカスリがあります。
食事処「展望車」の中心には、Nゲージの鉄道模型が走行する大きなジオラマテーブルがあります。
注文をしてから料理がくるまで、鉄道模型を楽しみながら待っていられるので、子どもたちに大変人気の席となっています。
しかし、椅子が固定式なので、テーブルとの間隔を調整することができず、ちっちゃな乳幼児にはちょこっと食べづらいかもしれません。
そのため、こちらではソフトクリームなどの軽食をいただいて、食事は奥の宴会場を利用すると良いでしょう。
宴会場は、個人単位で利用出来るように開放していますが、4室の個室に分かれているので、団体で利用する際にも便利です。
また、ガラス張りの向こう側に駆ける、本ものの電車を見分けることが出来る席もあり、こちらも人気となっています。
食事のメニューは、ハヤシライスやオムライス、ビーフシチューなど、懐かしの「食堂車メニュー」から、定食、お寿司、丼もの、お子さま御膳など、大人も子ども満足出来る内容となっています。
「お子さま御膳」はお寿司、エビフライ、ハンバーグ、卵焼き、そしてデザートが付いて600円です。
機関車の形をしたプレートに盛り付けられているので、電車が大スキな乳幼児は大喜び間違いなしです。
また、食事処のある1Fフロアには、子どもが楽しめるキッズコーナーがあり、たくさんのプラレールが用意されています。
「鉄道博もの館」で遊び疲れた帰りにでも、立ち寄って下さい。

鉄道模型愛好家に人気の旅館「花月園」


伊豆修善寺の温泉旅館「花月園」は、鉄道模型信者に有名な旅館です。
外観は普通の旅館に見えるのですが、旅館の中に入ると、ロビーのショーケースにずらりと鉄道模型の車両が飾られています。
館内には、大広間を閉じるくらいの大きさのレイアウトが設置されており、無料で宿泊客に開放しています。
レイアウトは、「Nゲージ」と「HOゲージ」の両方に対応しています。
車両を盛り込むこともでき、線路は長く高低差があり、運転を十分に楽しめます。
しかし、「Nゲージ」はプラレールなどのおもちゃと違って、何だか“大人の趣味”です。
車両はそれなりの値段ですし、改造にこだわって施した鉄道模型信者が宿泊していることも多いので、キッズ連れで鉄道模型を見に行く際は、キッズから目を離さないようにください。
また、「花月園」は小型犬が自由に入館することができるので、“ペットと共に宿泊できる宿”としても注目されています。
ペット用の施設は用意されていませんが、その分ペットチャージは必要ありません。
温泉は、源泉からただただそそぎ込まれてあり、湯量が豊富です。
有効成分は微量なので、効能はたいして期待できませんが、石鹸がよく効いて、なめらかでだいぶ気持ちのよい湯です。
また、刺激が少ないため、脳卒中のリハビリとして利用されてあり、“神経痛の湯”とも言われています。
鎮静効果があり、疲労回復、病後回復、健康増進、気晴らしなどに効果があります。