「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい」

「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい」は、東京の原宿で開催されているよさこい祭りです。

それでは、なぜ高知県でポピュラーなよさこい祭りが、東京でおこなわれるようになったのでしょう?
スーパーよさこいが、おこなわれるようなった当時は、毎年盛り上が、っていた冬季のイルミネーションが、開催されなくなり、原宿と表参道場所の代表的な行事が、なくなってしまいました。

表参道は、明治神宮の参道ですし、その参道には、商ショップ街も有るので、街の活性化を、取り戻す為にも、踊りや音楽、スタイルを、取り入れた華やなよさこい祭りに目を、付け、「これならいっぱいの人々が、活動的に成る」と思ったのです。

さらに、その時期に合わせたかのように、「東京で高知のよさこいを、やってみませんか?」と言う話もちょうどありました。

そして、商ショップ街の代表の方が、直ぐに高知に出向き、高知県知事と高知市長と会談することになり、東京でよさこい祭りが、開催される話が、進められたのです。

原宿のよさこい祭りは、2001年の夏に第1回が、おこなわれ、参加したチームは、22チームでした。

次の年には、42チームに増加、2003年には、66チーム、2004年には、90チームと、どんどん参加チームが、増加し、近頃では、100チーム前後が、参加するほど拡大しました。

又、高知県で受賞したチームも参加する等連携を、取り、本場のよさこいを、披露しています。

又、近頃では、スーパーよさこいと同時に、ニッポン最大級のうどんの行事「うどん天下一決定戦」も開催されます。

この行事は、ニッポン全国のうどんが、集まり、来場者が、どのうどんが、ニッポン一かを、決めるものです。

ご当地のうどんを、食べられると言うことで、毎年、大勢の人々でにぎわっています。