歴史を、感覚る会場でおこなわれるよさこい祭り

東京都府中市で8月に開催されている「よさこい in 府中 けやきフェスタ」は、東京でおこなわれるよさこい祭りのなかでも、規模の大きいお祭りです。

府中駅周辺の商ショップ会が、協力して滑り出しした「府中夏祭り」に、よさこい祭りの要素を、取り入れ、2006年からは、「よさこい in 府中 けやきフェスタ」のタイトルで開催することになりました。

会場は、流し踊り会場として「けやき並木通り」と「旧甲州街道」、「大國魂神社」の境内には、特設ステージが、支度され、そのほかにも府中市内の各個の商ショップ会会場が、設けられ、町全体でお祭りを、盛り上げます。

そして、府中市内だけでなく近隣の県からも年齢問わず、いっぱいの参加者が、集まり、観客も見ているだけで楽しめる、訪れた人たち全てを、あたたかく迎えてくれるお祭りです。

このよさこい祭りの会場の大國魂神社は、武蔵の国の守り神として「大國魂大神」(おおくにたまのおおかみ)が、祀られた神社です。

この神様は、武蔵の国を、開き、人々に衣食住、まじ無いの術、医療を、授け、厄除けや厄払い、縁結びでポピュラーです。

又、けやき並木は、源頼義と義家父子が、1062年に「前九年の役」の戦勝祈願の御礼として、けやきの苗を、千本寄進したことが、始まりだと言われています。

その後も、徳川家康が、「関ヶ原の戦い」と「大坂の役」で、勝利したことの御礼として馬場を、寄進した時に、けやきの苗を、補植したとも言われています。

そして、近頃のけやき並木にも、その頃の並木が、まだ数本残っており、後に植えられたものが、152本、かえで等他の老樹を、含めて、全部で200本以上の木が、立ち並ぶ並木になっています。

そんな歴史を、感覚る会場で煌びやかな衣装を、身に着け、迫力の有る演舞が、披露される「よさこい in 府中 けやきフェスタ」は、圧巻です。