関東の一大拠点を、目指す「関八州よさこいフェスタ」

東京近郊でも、よさこい祭りが、披露される行事が、いっぱい開催されているので、その中から、埼玉県朝霞市でおこなわれる「彩夏祭」(さいかさい)を、推薦します。

「彩夏祭」は、毎年8月に3日間開催されるお祭りです。

東京から近く都市化が、進み、情報も容易に手に入る便利な世のなかに成る中で、場所の人々とのつなが、りや連帯感が、薄れていると感覚、場所への愛着を、見直す為に、昭和59年に市民が、協力し合って第1回が、おこなわれました。

朝霞市民まつりが、開催された当時は、盆踊りや打ち上げ花火を、おこなうくらいで規模のちっちゃいものでしたが、徐々に規模を、拡大させ、近頃では、来場者が、約65全ての人にも成る大きな行事となりました。

又、「彩夏祭」と言う呼び名は、平成7年におこなわれた第12回の市民まつりで公募によって決められました。

彩夏祭のメインのテーマとなっているのは、「関八州よさこいフェスタ」で、平成6年に本州で初めてのよさこい祭りを、取り入れたということです。

関八州よさこいフェスタは、高知県のよさこい祭りと北海道のよさこいソーラン祭りに次いで、鳴子踊りとして関東での一大拠点と成る為に名づけられました。

そして、すさまじくいっぱいの人々が、毎年よさこいを、楽しみに訪れています。

関八州よさこいフェスタに参加するチームは、基本の取り決めとして、応用する曲に1フレーズ関東ならでは、の曲を、入れること、関東以外のチームは、その地元の曲を、入れること、と言う決まりが、有りますが、それを、守れば、ダンスミュージックでも、サンバやレゲエ、ロックでも、どんな曲調でも、オッケーです。

又、それに合わせて、衣装もチーム各個のコンセプトによって表現されるので、イロイロな表現の手法が、あって観客を、楽しませてくれます。