都会のお祭り「ふくろ祭り」

東京のお祭りは、下町で開催されるところが、いっぱい、東京の都会的な雰囲気よりも「江戸」と言う雰囲気が、強いです。

それも、ハイセンスな商業施設が、並ぶ場所では、大きなお神輿を、いっぱいの人で引くのは、難しくなったのかもしれません。

でも、都会のなかに有る“池袋”では、お神輿が、使われる「ふくろ祭り」と言うお祭りが、有るのです。

このお祭りは、お神輿が、担が、れるだけでなく、よさこい祭りの要素も取り入れられており、池袋でも、っとも盛り上が、ると言われています。

ふくろ祭りは、昭和43年から開かれており、主催は、池袋西口周辺に有る4つの商ショップ街で、戦後の復興から高度成長時代に入った時期に、さら成る池袋の発展として企画されて始まったのです。

そして、時代とともに祭りの規模が、大きくなり、今では、池袋中が、熱く成る行事として成長したのです。

ふくろ祭りは、前期と後期と年かいありますが、お神輿が、見られる「御輿の祭典」が、9月下旬で土日に開催されます。

「踊りの祭典」が、10月上旬の土日に開催されています。

「御輿の祭典」では、約20基のお神輿が、池袋の街を、練り歩行、神輿同士が、激しくぶつかる「喧嘩神輿」も見ることが、出来ます。

「踊りの祭典」では、1日目は、全国の多様な踊りを、楽しむことが、でき、2日目には、「東京よさこい」が、おこなわれます。

高知で出現したよさこい祭りは、今では、全国的に拡大していますが、池袋の地でも、オリジナルに向上して「東京音頭」が、盛り込み、ロックやジャズ等にもアレンジされているので、すさまじく楽しく盛り上が、ります。

常々の池袋は、若者が、いっぱい雰囲気ですが、ふくろ祭りの時には、老若男女問わずに集まり盛り上が、り熱気であふれています。

池袋は、アクセスが、良いので、願わくは参加してみてちょうだい。

コメントは受け付けていません。