参加者全員が、楽しめる「調布よさこい」

「調布よさこい」は、東京都調布市で夏に開催されるよさこい祭りです。

3つの商ショップ会が、協力し、旧甲州街道や布多天神社等を、会場として、調布市内外のチームが、演舞を、披露し、毎年いっぱいの人々で盛り上が、ります。

このよさこい祭りは、昭和56年からおこなわれていた「調布ふるさとまつり」を、見直す際に「調布よさこい」として呼び名を、あらためました。

当日は、旧甲州街道を、車両通行止めで交通を規制して、約650mを、流し踊りします。

また、3か所の会場では、定点踊りを、披露したりします。

又、このお祭りの最後には、旧甲州街道で踊り手と観客みんなで踊ることが、出来る「流し乱舞」が、おこなわれます。

その他にも会場を、支度し、子どもさん向けの楽しいブースやスタンプラリー、焼きそばやかき氷、ビール等の飲食や、昔懐かしいゲームや運動競技ゲームの出ショップも支度されます。

写真が、おお好みな方は、調布よさこいで素敵な1枚を、撮って、フォトコンテストに応募してみるのも良いでしょう。

又、本番の前日においても、調布市グリーンホール内で行事が、開催されます。

そこでも、よさこいチームが、華麗なよさこい演舞を、披露しますが、会場が、ホールと言うことで、音響や照明等の演出が、加わり、一味違った特になショーを、楽しむことが、出来ます。

さらに、フィナーレで来場者が、参加して踊ることが、出来る「調布よさこい輪乱舞」の踊り方を、教えてもらえる講習会も執行されます。

会場と成る旧甲州街道は、五街道の1つとしてにぎわっていました。

そして、近頃でも、個性的なおショップや昭和レトロな趣の有るおショップ等が、立ち並んでいます。

情緒のあふれる街で披露されているる約650m続く流し踊りの距離は、東京でおこなわれるよさこい祭りのなかでも、特に長い方だと言われています。

コメントは受け付けていません。