街中が、活気づく「黒潮よさこい祭り」

「黒潮よさこい祭り」は、千葉県銚子市で10月に2日間開催されるお祭りです。

場所の人々や訪れる全ての人々が、つなが、り、おもいっきり楽しめるお祭りと成るように、子どもさんから大人迄、老若男女に関係なく、個性豊かな舞を、魅せてくれます。

黒潮よさこい祭りが、開催される銚子では、全国でも、有数の漁獲量、それに、農作物も県下一の出荷量で自給率も高い観光名所となっています。

だけど、近頃では、若者たちが、銚子から離れていき、少子化が、進んだり雇用情勢が、悪化したりして、街の活気が、徐々に失われていきました。

そこで、以前のような活気を、銚子に取り戻したい、と言う熱いものを、もったメンバーが、集まって、「黒潮よさこい祭り」が、開始されたのです。

高知県のよさこい祭りと札幌のYOSAKOIソーラン祭りから影響を、受け、銚子ならでは、のアレンジを、して出現したお祭りです。

今では、近隣の場所からの参加だけでなく、茨城県や岩手県から参加するチームも有ります。

又、同時開催される行事もあり、過去には、畑や海でとれた名産品の市販や、ブランドポークの市販が、おこなわれたり、川柳や写真のコンテストが、おこなわれたりしました。

さらに、黒潮よさこい祭りと同じ日に、銚子市では、トライアスロン大会や「銚子の超おいしいサンマ祭り」が、開催されたこともあり、街全体が、多様な行事で活気づいています。

ただ、黒潮よさこい祭りは、駐車場が、支度され無いので、公共交通機関を、応用してちょうだい。

東京からは、少し時間が、かかってしまいますが、銚子は、美しい海と豊かな自然と、新鮮でおいしい地元食材の宝庫なので、旅行も兼ねて訪れると良いでしょう。

東京駅からは、ハイ・スピードバスも出ています。

コメントは受け付けていません。