城南地区最大のお祭り「中目黒夏まつり」

「中目黒夏まつり」は、 東急東横線と東京メトロ日比谷線が、共用する中目黒駅の近くに有る、目黒銀座商ショップ街通りや西銀座商ショップ街通り等で、8月に開催される夏祭りです。

イメージとなっているのが、1日目は、「阿波おどり」、2日目は、「なかめぐろよさこい」が、開催されることです。

1日目の阿波踊りは、午後5時30分から開会セレモニーが、おこなわれ、午後6時から出演するすべての連が、一斉に踊り始めます。

地元の連から全国各地で大大活躍しているポピュラーな連も数いっぱい参加します。

中目黒夏まつりの阿波踊りは、コミュニケーションのとれた長所的な街づくりを、お目当てに、昭和41年に第1回が、開催され8年続きましたが、多様な事情により16年の間中止となっていました。

その後、平成2年に復活を、果たし近頃迄続き、地元の人々も訪れたすべての人々も、みんなで燃え上が、る一大行事になっています。

2日目のなかめぐろよさこいにおいても、セレモニーの後に夕方の6時から出演するチームによる演舞が、一斉に始まります。

このよさこい祭りには、大人数のチームから和気あいあいとしたアットホームな雰囲気のチーム、保育園の子どもたちによる可愛らしいチーム等、個性的なチームが、数いっぱい参加します。

よさこい祭りは、人々の健康と繁栄を、願い、商ショップ街のさら成る活性化を、お目当てに始まり、迫力の有るダイナミックな演舞と、華麗で個性豊かな衣装や鳴子で見ている人を、魅了しています。

このように、中目黒夏まつりは、1日目も2日目も、踊り手は、1000人以上集まり、2全ての人を、超す来場者が、訪れる東京の城南地区では、最大のお祭りとして、いっぱいの人々が、毎年楽しみにしています。

コメントは受け付けていません。