WiMAXお試しでレンタル

WiMAXお試しでレンタル

携帯電話と同じように、WIMAX2+には電波の届く範囲が決まっています。
その範囲を出ると電波が届かず通信が出来なくなってしまいます。

WIMAX2+を取り扱っているサイトでは、住所を入れることで自分の家が配信エリアであるかどうかを検索して確認する事が可能です。
しかし、これはあくまで大まかな範囲を知ることができるもので、実際には壁の材質や建物の構造、何階に住んでいるかなども、電波の受信が可能かどうかに関係する重要な要素です。

実際のところ、申し込んだ後でWiMAXの電波が届かなかったり、届いていたにしても、ほんの微量の電波しか受信できなかったりするとか、データの回線速度が、なんとも遅いといった問題が発生する可能性もあります。

この場合、直ちに解約することのできるWIMAX2+であれば、なんら問題はありません。
ですが、実際は中途の契約の解約だと携帯料金のように違約金が発生するでしょう。
そこでWIMAX2+を申し込もうと検討している場合に是非おすすめなのが、「Try WIMAXレンタル」です。
この「Try WIMAXレンタル」とうのは、無料で15日間WIMAX2+を実際に借りて実験できるというサービスで、レンタル料金も通信量費用も、配送費さえも必要ありません。
しかし、レンタル機器の発送日、返却日を含めて15日間だけなので、実際に使ってみるのは、一週間くらいです。
ですが、申し込みの時には、クレジットカードの登録があったり、日本在住の20歳代以上の成人であるとか、少々、制約はあります。
それは、WiMAXの点たる機器の返却が、滞ってしまったりした時のために、保証として経費を違約金として、自動引き落しとするようになっているという仕組みです。
そうなっては、結構、高い出費になってしまいますので、WiMAXのレンタル機器の返却は、しっかりと余裕をもって、4日ほど前には送り返した方が良いでしょう。

内容のもとで参考にさせて貰いましたページこちらです。WiMAX・WiMAX2+の速度が遅い時に対処するための8つの方法・WiMAXおすすめプロバイダ!お得に契約できるのは!

WiMAX・WiMAX2+の速度が遅い時に対処するための8つの方法

 

コメントは受け付けていません。